断食中に空腹で寝れない!寝不足にならないためには?

Pocket

断食をすると、食べないので当然お腹が空きますよね。そしてその空腹によって、夜眠れなくなるという人もいるかと思います。しかし、この「眠れない」というのは注意が必要です。
 

1.寝不足はダイエットの大敵!

 

寝不足というのは、日常生活にも支障をきたしかねませんが、かえって太りやすくなってしまうのをご存じでしたか?ダイエットを目指しているのに、それでは本末転倒ですよね。
 

グレリンとレプチンというホルモンがありますが、これらがバランスを崩すことによって、日中お腹が空いていない時でも「お腹が空いた」と感じてしまうことがあるのです。
 

また、他の要因としては、寝不足だと脳が脂っこい食べ物を食べたくなるということがあります。寝不足になることで命の危険があると勘違いした脳が、飢えていると判断してしまうことで、カロリーの高い食事をしたくなるということなのです。
 

2.空腹で眠れない時の対処法とは?

 

それでは、空腹による寝不足をどのように解消すれば良いのでしょうか。まず、満腹になったと感じるために、血糖値を上げてあげましょう。
 

空腹だということは、血中にあるブドウ糖の量によって脳が感じるのです。運動をすることなどによって、食事以外でも血糖値を自分で操作することもができます。
 

とはいっても、断食中は激しい運動はできないので、ストレッチや筋力トレーニングなどの軽い運動をしてあげることによって血糖値がコントロールできるのです。
 

睡眠によってもカロリーは消費されますが、間食をするなら、置き換えダイエットに利用されるようなダイエット食品やヨーグルトなどが、カロリーが低いので適しています。
 

また、良い睡眠を得るためには心を落ち着けることも大事です。心をリラックスさせるために、ハーブティーを寝る前に飲むというのも良いですね。ハーブティーの中でも、カモミールティーがおすすめです。
 

なぜかというと、老化現象ともなる糖化を防いでくれるからです。リラックスという点では、深呼吸をするというのも一案です。
 

3.部屋を真っ暗にしたら眠れるかも!

 

その他、良眠にするコツというのは、まず部屋を暗くするということがあります。真っ暗だと眠れないという人もいますよね。けれど、暗い方が睡眠ホルモンであるメラトニンが分泌されるのです。
 

眠れないと、いろいろと考え事が浮かんでくることもあるかと思います。そんな時には、浮かんだ画像や映像などのイメージを黒にしてしまうのです。部屋を暗くするということとも通じますが、眠りには「黒」がポイントなのです。
 

また、眉間には睡眠に関するツボがあるということなので、そこを20秒ほど3回押してあげるという方法もあります。以上のように、寝不足というのは日常生活に支障があるだけではなく、ダイエットの敵でもあるのです。
 

心をリラックスさせて、なるべく暗い空間で入眠できるようにしていきたいものです。夜中に目が覚めることがある場合は、何も食べないのではなく、低カロリーのものを少し食べるようにしましょう。
 

このことで、交感神経優位から副交感神経優位へと変えることができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です