断食中に空腹で眠れない!対策方法を教えて!


健康や美容に絶大な効果をもたらしてくれると言われる断食。モデルさんや芸能人でも実践されている方が多いと聞きますね。これから挑戦予定の方もきっと多いでしょう。
 

断食は事前に準備するものもほとんどなく、やり方はとても簡単ですね。しかし気になる点は、空腹に耐えられるかどうかではないでしょうか。断食はその名称の通り食べ物を断つことです。
 

食べることが大好きな方にとって、たったの1日から数日の間とはいえ大好きな食べ物を食べられないことは、相当苦痛になると考えられますね。しかもお腹がすくとイライラも募ってきますし、夜も空腹感が原因で眠れなくなることもあります。
 

1.空腹で眠れない時にはどうしたらよい?

 

断食中、眠れなくなってしまったときはどうすればよいのでしょうか。まずは眠れないからといって、断食中はそれほど心配する必要はありません。眠れないと、眠らなくてはいけないと思ってしまいそれがストレスになってしまいますよね。
 

そうすると神経が高ぶってますます眠れなくなってしまうわけです。断食中は食べ物を食べないので、内蔵が消化活動のために働くことはほとんどありませんね。
 

十分な睡眠が取れなくても、内蔵はしっかりと休息をとりその機能回復を行っているんです。それなのに眠らないと体によくないと考えてしまうと、それがかえって空腹やイライラを増進させてしまうことになります。
 

眠れないときは焦ると余計に寝付けなくなってしまうので、無理して眠ろうとする必要はありませんよ。
 

2.断食を進めると空腹は軽くなる?

 

実は断食を実行された方の多くが空腹に耐えられるかを心配されているのですが、想像していた以上に空腹を強く感じなかったとおっしゃっているんです。
 

しかも空腹で夜に眠れないのでは?と思っていたそうですが、逆によく眠れるようになったという意見が多かったのです。日ごろ慢性的な睡眠不足の方や、疲れが溜まっている方は断食期間中、よく眠れるようになるそうです。
 

また数日間の断食を決行された場合なのですが、最初の1日、2日は空腹で眠れなくなることがありますが、段々と空腹にも慣れてきて今度はよく眠れるようになったという話も聞きます。
 

3.どうしても眠れない時にはどうする?

 

それでも眠れないときは、どうしたらよいのでしょうか。ここで何かを食べてしまったら、断食の効果が薄れてしまいますので、食べ物で空腹感を紛らわすのではなく他の方法で空腹を満たしてみましょう。
 

口にするとしたら温かいお湯やお茶(もちろんノンカフェイン)がおすすめです。胃腸が温まると空腹が少しはまぎれますよ。腹式呼吸をするのもおすすめです。
 

深く呼吸をすると、副交感神経の働きが活発になるので眠れずに高ぶっていた精神が緩和されて眠りにつきやすくなります。
 

夜よく眠れるように昼間に体を動かすことも大切ですね。断食をするとエネルギーを取り込めないので、日中もあまり動かないようにして過ごそうとするかもしれません。
 

それでは体が疲れませんので、当然いつもの時間に眠ろうと思っても寝付きにくくなりますよね。激しい運動をする必要はありませんが、軽めのウォーキングやストレッチをやっておくと体が適度に疲れて寝付きやすくなります。