断食中に空腹をまぎらわす良い方法とは?


人間は毎日食べ物から活動のためのエネルギーや、栄養を摂取していますよね。今までにダイエットの経験がある方も多いでしょう。
 

食事を制限する方法を実践された方もいらっしゃると思いますが、その時に空腹で眠れなくなってしまったことがありませんか?
 

人間は満腹になると眠くなりますよね。ところが空腹になると、なぜか目がさえてしまってなかなか寝付けなくなってしまうんです。
 

食事制限ダイエットでも夜眠れなくなってしまったのに、食事をほとんど食べられない断食では、もっと強い空腹感がありそうですよね。おまけに空腹が強すぎて夜も眠れなくなってしまいそうです。
 

夜眠れないのはとても辛いですよね。無理に眠ろうとしても眠れるものではありませんし、あきらめて起きて本を読んだり、DVDを見たりしてしまうと、そのまま夜通しで起きてしまうことにもなりかねます。
 

睡眠がとれないと翌日にも影響が出てきますので、なんとか睡眠がとれるようにしたいですよね。空腹を紛らわせて快適な眠りにつくための対策をいくつか紹介していきます。
 

1.低カロリーなものを食べる!

一つは低カロリーの食事をとることです。空腹を紛らわせるためには、やはり何かを食べるのが一番効果的かもしれません。お腹が満たされると眠気が襲ってきますよね。
 

断食期間中は基本的に食べ物を食べないのですが、どうしても辛いときは消化が良くて低カロリーの物を選んで食べてもOKです。あまりにも空腹が強すぎるとそれがストレスになります。
 

断食期間はやり方によってそれぞれです。例えばたった1日だけ断食を行うプチ断食であれば、一晩くらいはなんとか我慢できるでしょう。しかしそれ以上の日数断食を行う場合は、我慢するのも辛いですよね。
 

消化がよくて低カロリーの物としておすすめなのが、野菜スープやお味噌汁です。それらのスープの部分だけを飲んでもいいのですが、どうしても固形物が食べたいこともありますよね。その時は具材も消化が良い物を選んで食べるようにします。
 

2.野菜ジュースもおすすめ!

 

自分で野菜ジュースを作って飲むのもおすすめです。野菜ジュースを作るときは生野菜を使うと、天然の酵素がたっぷりと入っているので断食効果をさらに高められますよ。
 

よく断食効果を上げるために酵素ドリンックを飲むのがいいとすすめられていますが、酵素には代謝を促進させてくれる働きがあるからなんですね。生の野菜は消化がよくありませんが、野菜ジュースにすることで消化吸収率がよくなります。
 

しかし冷えたままの状態で飲むのはおすすめできません。せっかく休んでいる胃腸の働きを冷やしてしまうことで、また鈍らせてしまうからです。野菜ジュースを飲むときは常温にまで温めてから飲むのがいいですよ。
 

3.ダイエット食品を利用しよう!

 

置き換えダイエット食品もおすすめです。置きダイエダイエットの食品は低カロリーでしかも栄養成分がたっぷり。
 

少量でも満腹感が得られると言われていますので、空腹を満たしてくれます。置き換え食品も体を冷やさないスープタイプやホットドリンクタイプを選んでとるようにしましょう。