断食中に起こる好転反応とは何?どうして起きるの?

Pocket

正しく断食ができていると、好転反応という症状が出ること知ってますか?体の中の悪いものが排出できている証拠なので、嬉しいものではあるんですが…。実は、この好転反応、嬉しい半面、ちょっと大変なものでもあるんです。
 

1.好転反応は体調不良と同じ?

 

個人差が大きいとは言っても、好転反応という言葉とは裏腹に、体調不良を引き起こしてしまうんです。腰痛やのどの痛み、吹き出物、肩こり、頭痛、めまい、吐き気、嘔吐などなど主な症状をあげただけでもいろいろあります。
 

もちろん、「この症状が出る」「この症状は出ない」というものはないので、人それぞれ出る症状が変わることも少なくないんです。いくら成功している証とはいっても、具合が悪いとなればちょっと不安になりますよね。
 

2.なぜ好転反応が起きるの?

 

なぜ、断食をしていた好転反応が現れるのかというと、断食によって体内に蓄積されていた老廃物や血液中のコレステロールが排出される他にも、内臓機能がスリープ状態に入るため、代謝が低下するのも一つの原因と言われています。
 

また、好転反応の大きさは、今までの生活習慣がかなり左右してきます。
 

たとえば、食事のバランスが乱れている人や加工食品を食べる機会が多い人、不規則な生活をしている人、肥満の人、やせ型の人、初めて断食をする人などに比較的大きな好転反応が現れると言われているんです。
 

特に、当てはまることが多ければ多いほど、好転反応が大きく出てしまうことが多くなるとも言われているんです。
 

ただ、中には好転反応が全くでない人もいるんだとか。この場合、かなり健全な生活を送っている人だと言われているんですが、これは本当に稀なことのようなので、大なり小なり断食をすれば好転反応が出ると思っていて間違いないかもしれません。
 

3.好転反応はいつ出るの?

 

さらに、好転反応がいつどんな形で出るかは、ひとそれぞれ違います。早いうちに出る人もいれば、終盤になって出る人もいます。準備期間からしっかりと調整している人は、断食に入ったと同時に好転反応が出ることが多いみたいですよ。
 

逆に準備期間が短ければ短いほど、好転反応の出る時間が遅くなるので、回復期にあたる数日後に出る可能性もゼロではありません。
 

女性は便秘がちな人が多いですが、断食により便秘がさらに続いてしまうこともあるんです。食物繊維が日ごろから不足していたり、脂っこいものを食べ過ぎていたり、水分が不足していたりすると断食中の便秘がひどくなってしまうんです。
 

ただ、断食をすれば宿便と言われている便が出やすくなるので、あまり気にすることはないんです。また、好転反応が現れた時は不安にならずに、普段通りの生活を送るように心がけてみてください。
 

もし、それでも具合が悪くて我慢できないようなら、断食を中断して医師の診断をあおいでくださいね。その前に、体を温めたり、リラックスできるようにDVDや本を読むなど好きなことに時間を使うようにするといいですよ。
 

好転反応は、断食が上手に進んでいる証拠なので、楽しみながら断食ができるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です