断食中に起きる好転反応とは?その仕組みを教えて!


断食が正しく行えていると、好転反応と呼ばれる体調の変化が見られることが多いと言われていることを知っていますか?もちろん、人それぞれ好転反応の現れる度合いは違います。
 

1.好転反応は誰でもでるの?

 

全員に出るとも限らないですし、どの程度のものが現れるのかもわかりません。
 

ただ、体に溜まっている老廃物や毒素が多ければ多いほど、好転反応も大きく出ると言われているので、普段の生活が不摂生だったり食生活が乱れている場合は、少し覚悟しておいた方がいいかもしれませんね。
 

体調が少し悪くなると「断食に失敗したんではないか」という不安にかられるところもありますが、それは逆なんです。徐々に寒気などの体調の変化は緩和してくるので、心配いりません。
 

逆に好転反応が出てこない断食の方が心配です。なぜなら、失敗してしまっている可能性が高いからです。
 

2.どうして好転反応が起きるの?

 

断食することで、体内がデトックス状態になり、不必要なものが排出されていきます。この時に現れるのが好転反応なんです。もしも、断食中に寒気がしたり、頭痛がしたりといった体調の変化が現れた時は、慌てないようにしてくださいね。
 

断食が成功している証拠なので、喜んでもいいくらいです。本来なら、食物から栄養を摂らなくてはいけないんですが、それを絶つわけですから、身体としてはどうにかして体の機能を働かせようとします。
 

でも食べ物から栄養を摂ることが出来ないので、体に蓄積されている脂肪やコレステロールを使うことになるのです。その時に現れるのが好転反応というわけです。
 

また、エネルギーの摂取が出来ないので極力体力を消費しないように体の機能が働くことになります。そんな時にも現れやすいのが好転反応なんです。どちらにしても一時的なものでずっと続くわけではないので、リラックスして過ごすようにしてくださいね。
 

3.好転反応の出やすい人は?出にくい人は?

 

断食の本来の目的は、体をリセットするところにあります。断食の時に現れる好転反応は、毒素の排出が始まっている証拠です。ただ、好転反応の現れ方は人それぞれ。
 

不摂生な生活をしている人、体力が低下している人、肉食の人、加工食品を食べる機会が多い人、添加物が含まれた食品を食べることが多い人、もとから痩せている人、肥満の人、断食を初めて行う人は特に、好転反応が大きく出やすいと言われています。
 

中には、全く好転反応が出ない人もいるようです。断食が失敗してもうまくいっても反応が出ないとなると、ちょっと判断に困ってしまうところも出てきますね。ただ、断食に成功していて好転反応が出ない人は、かなりの健康体の人。
 

つまり、まれなケースなので、どちらかと言えば好転反応が出ないのは失敗していることの方が多いのかもしれません。
 

また、断食を行うたびに好転反応が出る人もいるんだとか。もちろん、回数をこなしていけばいくほど好転反応の強さは変わりますが、全く出ないということはほとんどないみたいですよ。
 

現れるタイミングも人それぞれ違うので、もしも体調の変化が現れたら、焦らずに対応するようにすれば問題ありません。