断食で酵素飲料を使うと低血糖予防になるの?

Pocket

断食ダイエットにはいろんな方法がありますが、酵素飲料を取り入れた断食ダイエットなら、断食を始めてすぐくらいに起こる低血糖にはならないと言われています。
 

断食ダイエットとは言っても、自宅で行うものは1食か2食を酵素飲料に置き換えて、あとは普通の食事をするものです。水だけで数日間過ごす、というような本格的な断食は、専門家がいて細かく指導してくれる断食道場で行わないと危険です。
 

1.低血糖になる理由とは?

 

断食を始めると、まず体は糖分を使います。その糖分は半日分くらいしか蓄えていないのでそれがなくなると低血糖になります。お腹が空いた、という感覚だけなら良いのですが、ふらついたり冷や汗が出たりするので結構つらいものがあります。
 

こういった症状は断食をしたら出るのが当たり前でもあるので、慌てることはないのですが酵素飲料を飲んでいたらこのような症状は出にくいと言われているんです。
 

2.酵素飲料の飲み方を教えて!

 

酵素飲料は、飲んでいる人はご存知かもしれませんがわずかにとろみがあって、とても甘い飲み物です。それを食事代わりにとっていれば、糖分やビタミン、ミネラルは補給されているので不快な症状は出にくいのです。
 

低血糖もひどい状態になると昏睡状態に陥るようですから危険です。水だけの断食だと、一切栄養分をとりませんのでこうなる可能性が高いのです。酵素飲料を飲んでいても、低血糖かと思われる症状が出た場合は、酵素飲料を追加して飲んでみてください。
 

一気に飲むのではなく、少しずつです。血糖値の急激な変動は良くありませんので、ゆっくりと上昇するように少しずつ飲むようにします。酵素飲料を飲んでいるのに、こういった症状が出る場合は、飲む量が足りないのかもしれません。
 

その時も一気に増やすのではなく、少しずつ増やして様子を見ていきます。血糖値が一気に上昇すると心肺機能が亢進し、血圧が一時的に高くなります。そのため頭痛を起こすことがあるのです。
 

3.断食中の頭痛に薬はNG?

 

断食中に頭痛が起こったからと言って、頭痛薬を飲む人がいますがあまりおすすめできません。胃が空っぽのところに鎮痛剤を飲むというのは、急性胃炎になってしまう可能性が高いです。
 

病院で痛み止めが処方されたら、胃薬も一緒に処方されますね。あれは痛み止めによる胃の荒れを防ぐためなのです。
 

ですから断食中に頭痛がしたら、軽いものなら様子を見ていれば良いですし、もし強い頭痛でつらいと感じたら断食を止めることも検討してください。
 

体調を良くするために断食をしたのに、かえって体調を崩してしまったのでは意味がありません。最後までやりきるのは素晴らしいことですが、途中で止める勇気も必要な時があるのです。
 

自宅で自分で断食をする時は、無理をせず自分の体調をみながら進めていくようにしましょう。いきなり何日も食事を抜くのはやめ、最初は朝食を酵素飲料に置き換え、昼と夜は普通に食べるような方法で慣れていくと良いでしょう。
 

この方法だと1週間くらい続けても大丈夫です。体がすっきりするのを実感できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です