断食はどのぐらいの期間がベスト?

Pocket

ダイエットのために食事を抜くという人もいますよね。では、断食をするとすれば、どの程度の期間行うと身体に危険が出てくるのでしょうか。
 

そして、どの程度の期間であれば無理はないのでしょうか。とても気になることだと思います。今回は断食の危険性と期間について探っていきましょう。
 

1.断食はどのぐらいがよい?

 

まず、長期間の断食は長くなればそれだけ危険が増していくことになります。長期間というのがどのくらいの期間になるのかというのは、1週間程度と考えて良いでしょう。
 

2.どうして長期間は危険?

断食をしたからといって命が危険になるということは考えにくいです。しかし、身体に弊害が生まれるということは確かです。
 

数日間の断食ならともかく、それを超える期間になると、自分でしっかりと抑制していくことは簡単なことではありません。数日以上の期間をかけて断食をするなら、「回復食」というものを用意して、段々と身体を慣らす必要があります。
 

 

自分のやり方で断食をした場合には、腸がねじれてしまう「腸捻転」になったり、「十二指腸潰瘍」になる危険性もあるんです。もし独自に行っていてこのような症状が出てしまったら大変ですね。
 

長期間の断食をするのであれば、本格的な施設で指導を受けながら断食をするという方法が良いのです。こういった施設での断食は、ダイエット目的の方だけではなく、普段からずっと身体の調子の良くない人や、過労を抱えている人などにも適しています。
 

3.おすすめの断食期間とは?

 

身体にさほど負担がないのは、週末の2日間のみ行うなど短期間の「プチ断食」です。全く食べないというのではなくても、1日のうち1食のみダイエット食に置き換えるという方法も良いですね。
 

短期間ならば、健康に弊害も出ませんし、リバウンドもしないので嬉しい限りではないでしょうか。週末のみ行う「プチ断食」の場合は、まず金曜日から段々と食事の量を減らしていきましょう。
 

そして、土曜日は全く何も食べないようにします。日曜日は消化の良いものから少しずつ食べる量を増やしていくのが良いでしょう。
 

ポイントとしては、いきなり絶食をすると、胃腸が消化液によって傷つけられてしまうということ。そして断食をした後に普段通りの食事をする時、きちんと消化されない場合があるということです。
 

また、絶食しなくても、先ほどもお話しした「置き換え」でもリバウンドを防ぐことができますし、健康にも害にならないので安心して取り組めるということもあるのです。
 

では、何に置き換えれば良いのでしょうか?それはグリーンスムージーやヨーグルト、それにプロテインなどです。とはいえ、どれも足りない栄養素があるのです。そのため、その必要な栄養素を補う必要があるということも覚えておきましょう。
 

もし1週間という長期間の断食をするなら、専門の施設で指導を受けるようにしたいですね。また、週末のみの「プチ断食」はテレビでも紹介されたことがあります。あまり身体に危険にならない範囲でダイエットをしていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です