断食は肝臓を元気にしてくれる?

Pocket

とにかく疲れやすい、だるいのは肝臓が弱っているのが原因かもしれません。肝臓と疲れやすさ、一見何の関係もなさそうですが、現代人の多くが悩む疲れやすさは肝臓に原因があることが多いんです。
 

1.現代人の特徴とは?

 

一見体格もがっちりとしていて健康そうに見えるにもかかわらず、疲れやすさやだるさ、集中力のなさを訴えるのが、現代人に多くみられる特徴です。疲れやすさの症状が出てきてしまったのはある日突然かもしれません。
 

実は、今までの生活習慣が肝臓の働きを徐々に弱めてしまった事で、だるさや疲れが残るようになってしまったのです。
 

疲れやすくなったのを加齢が原因だと決めてしまう方がとても多いですよね。そうではなく肝臓の機能低下が原因となるケースが多いようです。
 

2.肝臓の機能が低下してしまう原因とは?

 

肝臓が機能低下を起こしてしまう原因が、肝臓に立体な負担をかけることですね。私たちが日ごろ食べている物や飲んでいる物、さらには使用しているヘアケア製品、ボディケア製品といった物に体にとって有害な成分が含まれています。
 

これを解毒してくれる臓器が肝臓なんですね。しかしながら体に入ってくる有害成分の量が多ければ、肝臓はオーバーワークでそれらをすべて処理できなくなってしまうのです。
 

これが現代人の肝機能が大きく弱っている主な原因ですね。それに加えて他にも肝機能を弱らせる原因がいくつもあるんです。
 

その一つが多大なストレス。現代はストレス社会と呼ばれており、誰もがストレスを受けながら生活を送っていますよね。このストレスですが、過度に受けてしまうと体の機能に悪影響を及ぼしてしまいます。
 

ストレスを強く受けてしまうと自律神経の機能に影響を与えてしまいます。この自律神経なのですが、とても重要な役割を果たしている神経で、体の臓器の働きをコントロールする役割も担っているんですね。
 

その影響で肝臓を含む内蔵の働きまでもが鈍ってしまうわけです。
 

3.運動不足も原因になるの?

 

運動不足も肝臓機能を弱らせる原因の一つです。私たちの生活は便利になりましたよね。車やエレベーター、エスカレーター。電動自転車を使用すれば自分の体をあまり使わずに目的地まで到着することができますよね。
 

また家電もどんどん便利になっていき、自動でお掃除してくれる掃除機や洗濯機、食洗機のお蔭で家事効率が大幅にアップしました。ところが、その影響で私たちは体を動かさなくなってしまったのです。
 

体を動かさないということは、実は肝臓の機能に負担をかけることにつながります。体を動かすと余分な脂肪が燃焼されたり、汗をかきますよね。この時に体の老廃物が排泄されているのです。
 

それが肝臓の機能の負担を軽減してくれているのですが、運動しなければ、老廃物は排泄されないままで、肝臓にますます負担がかかります。
 

断食することで肝機能本来のデトックス作用が促進されて、たまっていた老廃物の排泄が促進されるようになります。お蔭で肝機能自体も回復して、今まで悩まされていただるさや疲れも軽減されるようになりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です