断食で回復食が必要な理由とは?

Pocket

断食をすると、普通の食事に戻る前に「回復食」というものを摂る必要があるのをご存知でしたか?断食をするということは、その期間には形のある食べ物が胃に入ってきませんよね。
 

1.回復食がどうして必要?

 

胃は休んでいる状態なのです。そんな状態で消化の悪い食事をするとなると、胃も驚いてしまいます。そういうことから、胃などが気持ち悪いということになる可能性があるのです。
 

そのため、回復食には消化の良いものを食べるというのが良いのです。薄味の具なし味噌汁も良いですし、ヨーグルトやお粥も回復食にはおすすめですね。
 

2.回復食におすすめの食材は?

 

さらに、回復食として食べたいのが豆腐です。豆腐も消化が良いですし、大豆そのものが健康的な食材なのです。回復食を食べている時期は、薄味のものが胃には優しいです。うどんなどの麺類も食べたくなるでしょう。
 

麺類に関しては、断食を終えてすぐではなく、胃への負担を考えて、次の日まで我慢するのが良いのです。うどんやそばを食べる時にはよく煮るようにしましょう。
 

食べる量もいつもより3割程度減らした方が良いですね。断食をすると胃は空になっていますので、栄養をより吸収しようとするのです。
 

そのため、脂質などを多く摂るとリバウンドをしてしまう可能性もあるので、注意が必要です。炭水化物を多く摂ることもリバウンドの原因となります。
 

3.回復食のNG食材とは?

 

回復食の間は、辛いものやしょっぱいものといった刺激のあるものを避けるようにしたいものです。さらに、日頃からコーヒーや紅茶などを飲んでいる方も多いと思いますが、この期間には控えましょう。
 

カフェインは胃に刺激があるのでいけないのです。清涼飲料水もいけません。また、肉や卵などの動物性の食材というのもNGとなっています。「亜麻仁油」以外の油ものの食べ物も避けたいですね。
 

パンやパスタなどの小麦製品や、加工食品も駄目です。嗜好品であるたばこやお酒も、もちろんいけません。
 

白いご飯や昆布でだしを取ったお味噌汁、納豆に梅干しなど、日本には健康的な食品がいろいろとあります。そういったものを選んで食べるというのが、回復食には好ましいのです。
 

現代の日本人は食事が不規則になりがちですし、欧米のような食事も普通になっています。やはり、日本で昔から食べられていたものを顧みるというのも大事なのではないでしょうか。
 

ちなみに、乳製品も控えたい食材に入ります。ヨーグルトを回復食として薦めていることも多いのですが、善玉菌が摂れるとはいえ、ヨーグルトにも脂肪分があります。そのため、ヨーグルトを回復食とするのは避けたいのです。
 

断食をするとデトックスができますが、老廃物を外に出すということですから、体内の水分を使うことになります。そのため便が硬くなってしまって、便秘の元にもなります。
 

体調を崩さないためにも、便秘にならないようにするためにも、水分は補うようにしたいものです。断食の成功には、回復食もカギを握っています。正しい回復食を心がけて断食を成功させましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です