断食の回復食のポイントを教えて!

Pocket

断食期間は基本的に食べ物を食べないことになっています。代わりに野菜ジュースやみそ汁、お茶、お水は飲んでいいことになっています。
 

断食の期間は食べ物が食べられず、我慢との戦いですが、それが終わると固形物を食べてもOK。しかし、ここで注意して頂きたいのが回復食です。断食期間が終わったからと言って、好きな物を食べていいわけではないんですよ。
 

1.回復期間にしやすい失敗とは?

 

まず断食したことで胃腸が十分に休められているのですが、そんな胃腸にいきなりハードワークをさせてしまったら、せっかくの断食効果が失われてしまいます。
 

断食でせっかく本来の働きを取り戻したのに、回復食によって機能を悪化させてしまったらもったいないですよね。断食期間中は我慢したからということで、大量に好きな物を食べたいところですが、そこはぐっと我慢しましょう。
 

せっかくデトックスが促進されて代謝がよくなったのに、これでは逆にリバウンドしてしまいます。まずは消化吸収の良い物から徐々に食べて行って、胃腸の働きを徐々に取り戻していくことがとても重要なのです。
 

2.回復食は何日すればよい?

 

断食後の回復食のポイントについて紹介していきますね。まず断食の回復食ですが、断食を実行した日数だけ続けるようにしてくださいね。プチ断食で一日だけ断食を行った場合は、回復食も同じく1日だけでOKです。
 

それ以上行った場合は、やはり断食した日数分だけ回復食を食べるようにしてください。食べる量や食べる物にも注意が必要です。断食のお蔭で体は痩せやすい状態になっていますが、断食期間中は糖分の摂取量が少なかったため、血糖値が下がっています。
 

そんな状態で血糖値を急上昇させるものをまっさきにたべてしまっては、血糖値を急上昇させてしまいます。この時上がりすぎた血糖値を下げるために分泌されるインスリンというホルモンですが、これには脂肪の合成をすすめてしまう作用もあります。
 

せっかく痩せやすくなったのに、これでは一気にリバウンドしてしまいますね。断食後は胃腸も小さくなっているはずですから、いつもよりも少ない量の食事でも満足できるはずです。
 

3.回復食におすすめのメニューは?

 

回復食におすすめのメニューは何でしょうか。それは消化吸収に優れた物です。例えばおかゆ、味噌汁という組み合わせがおすすめです。しかしこれだけでは体を作るのに必要なたんぱく質が不足してしまいますよね。
 

消化吸収も良いたんぱく質補給源としておすすめなのが、豆腐です。豆腐はお味噌汁の具材として入れてもいいですし、冷奴としていただいてもOKです。
 

断食のすぐ次の日は、あまり固形物の量を多めに取らないように注意して、徐々に固形物の量を増やしていくのが上手な回復食の摂り方です。
 

断食をすると、体は体を作っているたんぱく質からエネルギーを作り出そうとするので、たんぱく質を補給することが重要になります。
 

ただし、肉や魚といった動物性のたんぱく質は消化吸収がよくないんですね。それよりも味噌汁のお味噌や豆腐のほうが消化吸収に優れているため、胃腸に余計な負担をかけずに済みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です