断食ダイエットの回復食にはヨーグルトがよい?

Pocket

断食ダイエットは、何日か食事をとらずに内臓を休め、体の溜まった老廃物を排出する効果があるものです。半日から1日の短期間の断食ダイエットから、3日以上の本格的な断食ダイエットがあります。
 

短期間の断食ダイエットは、家で行っても構いませんが、4日以上となると自分だけでするのは危険です。専門家のアドバイスを受けながらや、専門の施設で行うようにしてくださいね。
 

1.回復食にはお粥がおすすめ!

 

その断食ダイエットが終わった後は、回復食を食べることになります。いきなり普通食にすると内臓に負担がかかりすぎ、体調を崩してしまいますよ。その回復食は、やはり消化の良いものが一番です。
 

消化の良いものの代表がお粥ですが、作るのが面倒なこともあるでしょう。売られているレトルトパックのお粥を買っても大丈夫です。断食ダイエットのその後、すぐの食事は重湯にし、次くらいからはお粥で良いです。
 

薄味を心がけ、梅干しと一緒に食べるとおいしいです。お粥はあまり好きじゃないんだよね、できればヨーグルトが食べたいなという人もいるでしょう。回復食にヨーグルトはOKなのでしょうか。
 

2.ヨーグルトも回復食向き?

 

回復食は、基本的に和食が向いているのですが、作る暇がない、という人はヨーグルトを食べても良いです。ヨーグルトには乳酸菌がたくさん含まれていますし、腸内環境を良くする働きがあります。
 

それに、結構満腹感も感じるので回復食におすすめです。断食後初めて食べるのに、ヨーグルトに大量のフルーツを入れたりするのは止めた方が良いです。最初はプレーンのままで、だんだんとトッピングは増やしていけばOKです。
 

しかし、体に良いからとたくさん食べ過ぎると、下痢をする可能性があります。ですから、あまりたくさん食べないこと、お粥やうどんをメインにしたら、デザート感覚でヨーグルトを少し、という感じで回復食をすすめていきましょう。
 

果物と一緒に食べるなら、バナナがお勧めです。バナナヨーグルトはかなりお腹も満足できますので、断食ダイエットのその後の食事にしてみてください。また、ヨーグルトにすりおろしたリンゴを入れてもおいしく食べられます。
 

3.断食ダイエットが成功するには回復食が重要!

 

回復食がうまくいくかで断食ダイエットが成功するかどうかが決まります。断食そのものよりも、その後の回復食の方が大事だと言われているんですよ。
 

ヨーグルトや穀物、野菜、豆類、ひじきなどの海藻、浅漬けなどのあっさりした味付けの漬物などは回復食に向いている食材です。これらをうまく組み合わせて、断食ダイエットのその後を乗り切りましょう。
 

赤ちゃんが食べ物を食べ始める時に、最初は重湯、お粥、ごはん、というようにだんだんと進めていきましたよね。それと同じです。断食後は赤ちゃんと同じだと思って、離乳食を進めていくようにしていくとうまくいきます。
 

インターネットのサイトを見ると、色んな情報があって混乱することがありますが、消化の良いもの、脂っこくないもの、味が濃くないものを選んでいれば大丈夫です。
 

あとは量に注意して食べ過ぎないようにすることです。せっかくの回復食を食べても、食べ過ぎては胃腸に負担がかかります。物足りないな、と思うくらいにしておくのがベストですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です