断食後の回復食は和食がおすすめ!

Pocket

断食にはいろんな健康効果があって、取り組む人が増えてきました。たくさんあるダイエット法の中でも、断食ダイエットは特に人気が高くなっています。
 

1.どうして回復食が大事なの?

 

その断食ダイエットで重要なのが、断食が終わった後の回復食をどうとるかです。断食よりも回復食の方が重要なんです。よくある失敗例は、断食が終わったとたん、解放感から一気に好きなものを食べてしまい、リバウンドしてしまうことです。
 

また、急激に食べ物をお腹に入れたために、体調不良を引き起こし、せっかく断食で健康になれたのに、すぐ病院に行くことになってしまった例もあります。
 

断食をやりきった後は、好きなものが食べたいと思うのは当然ですし、その気持ちもわかりますが、しっかり回復食をとって始めて断食が成功したと言えるのです。
 

2.回復食のポイントとは?

 

3日程度断食をした場合は、回復食もそれくらいの日数が必要です。消化するのに時間をかけないのがポイントで、胃腸に刺激を与えてもいけません。回復食でおすすめのものは、薄味の野菜スープやみそ汁、お粥、湯豆腐、酵素飲料、納豆などです。
 

ただし、断食明けすぐの回復食は、固形物は避けた方が良いです。お粥なら重湯にして、みそ汁やスープは具なしにするのです。固形物が入るとどうしても消化しなくてはいけませんし、それだけ胃腸に負担がかかるんですね。
 

2日目くらいからは豆腐などを食べても良いので、豆腐のみそ汁と五分粥、湯豆腐などがおすすめですね。湯豆腐はポン酢をかけたいという人は多いでしょうが、まだ少量にしてください。回復食は薄味が基本なので、あまり濃い味のものは負担になります。
 

3.回復食後の食事は何がよい?

 

3日目以降になると、固形物を食べても大丈夫です。ご飯はまだお粥が良いですが、そこにみそ汁やスープ、そして納豆を追加すると良いです。
 

納豆には良質なたんぱく質がたっぷり含まれていますし、食物繊維やビタミン、ミネラルも含まれていて体力回復に活躍してくれます。3日目くらいになると、漬物も食べて良いです。
 

ごはんに漬物はおいしい組み合わせですから、ぜひ食べたいですね。4日目からは普通食に戻しても良いですが、食べ過ぎはいけません。せっかく断食でリセットしたのですから、良い状態をキープできるよう、食事内容も見直すようにしましょう。
 

回復食を見てもわかるように、和食が多いですよね。昔の日本人の食事が、体に一番良いのかもしれません。揚げ物も確かにおいしいですが、健康のためには控えた方が良いということですね。
 

回復食をこのように進めていくと、リバウンドをすることはありません。普通食に戻ってからも、回復食のような和食中心のメニューにすると良い状態でいられますね。断食をすると味覚も鋭くなると言います。
 

薄味でもおいしいと感じられるのですから、これを機に食事メニューや味付けなど、変えて行くのも良いです。和食中心の食事がどれだけ体に良いのかがわかったような気がします。
 

ファストフードやコンビニ弁当に依存している人には、断食をして体をリセットしてみることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です