断食ダイエット後の回復食の進め方を教えて!

Pocket

断食ダイエットは、体の中の老廃物を出すデトックス効果があり、体がすっきりすると人気のダイエット方法になってきました。
 

1.初心者にはプチ断食がおすすめ

 

断食ダイエットの方法も、プチ断食と言って半日や1日だけ断食するものや、2日から3日水だけで過ごす本格的な断食方法があります。断食の初心者やまだあまり慣れていない人は、プチ断食を何度かしてから本格的な断食をしてみることをおすすめします。
 

また、今ではインターネットでもいろんな断食ダイエットの方法が紹介されていますので、自分ができそうだと思うものを選んでやってみると良いですよ。
 

いきなり3日間の断食をする!なんて意気込んでも、1日目でギブアップしてしまう人がいますからね、徐々に慣れていくようにした方が良いです。断食ダイエットは、断食の期間が終われば終わり、というわけではありません。
 

断食ダイエットのその後の回復食がとても大切なんです。
 

2.断食が終わったら好物を食べてよい?

 

断食後は、やった!やっと食べられる!という気持ちがあるので、食べたいものをいきなり食べてしまう傾向があります。空腹を感じている時は、好きな食べ物を食べたい!と思うもので、つい食べてしまうものです。
 

好きな食べ物というのは、消化が良くない物が多く、断食直後には向きません。これが原因で、リバウンドをしたり、胃腸に負担がかかり過ぎて体調不良を引き起こすことになります。
 

断食ダイエットは、断食のその後の回復食まできちんと行って初めて成功なのです!回復食は、断食した時間と同じ時間をかけなければいけません。1日断食したら1日かけて、3日断食したら3日かけて回復食をとり、普通食へ戻していきます。
 

3.回復食はどう進めたらよいの?

 

断食が終わって初めての食事は、重湯、野菜スープやみそ汁の上澄みを飲みます。スープやみそ汁の具は初日は食べない方が良いです。味付けはごく薄めに。断食直後は味覚が敏感になっているので、濃い味は刺激が強すぎます。
 

初日は流動食がおすすめです。野菜スープやみそ汁の具も食べたいところですが、初日は我慢してください。重湯からお粥、野菜スープやみそ汁も上澄みから軟らかく煮た具入りへ、というように徐々に固形物になる感じにしていきます。
 

断食の後のお粥が、こんなにおいしかったのかと感動する人も多いです。これは味覚が鋭くなっているからなんですね。豆腐などは消化が良くて良いのでは?と思いますが、タンパク質が豊富なので回復食に食べたいものです。
 

しかし、タンパク質は消化に負担がかかるので、断食直後は避けた方が良いですよ。回復食に食べる豆腐は湯豆腐がおすすめです。薄味で十分おいしく食べられます。昆布だしと塩少々で煮たものがおいしいです。
 

断食後3日くらいになると、だんだん普通食に戻して良いですが、まだ大量に食べない方が良いです。腹八分目を心がけましょう。断食後は慌てずにゆっくり戻すようにしましょう。
 

回復食がうまくいけば、体もすっきり、体調もとても良くなります。赤ちゃんの離乳食の進め方と同じと考えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です