断食は胃にもいいの?どんな効果がある?

Pocket

断食ダイエットを行うことで得られるダイエット効果と言えば、デトックス効果が一番知られている効果でしょう。数日間固形物を食べないことで、身体の吸収と消化機能がストップし内臓を休めることが出来ます。
 

それにより、デトックス効果(排出機能)が高まって体内に溜まってしまった毒素を排出させるようになるのです。しかし、断食ダイエットによる効果は他にもたくさんありますよ。
 

特に食べ物が身体に入った時に消化を行っている胃は、断食をすることで嬉しい効果が得られます。
 

1.胃を小さくしてくれる?

 

断食ダイエットを実践した人の多くが、断食後に胃が小さくなったことを実感しています。断食前と比べて食べる量が減った、少しの量で満腹感を得られるという人がとても多いのです。
 

通常より食べ過ぎてしまった時や暴飲暴食を続けていると、大量の食べ物が胃の中に入ってくるので必要に応じて胃が大きくなってしまうのです。
 

胃が大きくなってしまうと、満腹感を得るのに時間がかかり、結果として量をたくさん食べなければ満足出来なくなるのです。
 

人間の身体は順応性に優れているので、たくさん食べている時は胃が拡張します。反対に食べる量を減らすと大きな胃である必要がなくなるため、胃は収縮するのです。
 

断食をすると、新たに食事が胃の中に入ってくることがないので前述のように胃が小さくなります。断食を終えて回復食を正しく食べることが出来れば、小さくなった胃を維持することが出来、過度な食欲を感じることがなくなるでしょう。
 

2.胃を休めるとどんな効果がある?

 

断食中は固形物が胃の中に入ってこないため、胃腸は消化吸収に忙しく働くことなくゆっくり休むことが出来ます。現代人は、慢性的に食べ過ぎ傾向にあると言われているのをご存知ですか?
 

一日三度の食事以外にも、お菓子を食べたり、夜食を食べたり。胃は絶え間なく働かざるを得ない状態になっているのです。胃を休めることで、胃の疾患が治ることもあるのですよ。
 

絶え間なく何かを食べていることで、胃が膨らんだ状態から戻らなくなる『胃拡張』は断食をすることで、胃を元の大きさに戻すことが出来るのです。
 

胃を酷使しすぎるとさまざまな病気の引き金にさえなってしまうことも頭の片隅に置いておかなければなりませんね。
 

胃を休ませて、胃が持っている本来の機能を取り戻しましょう。
 

3.やっぱり回復食は重要!

 

せっかく胃を休ませても、回復食期間のルールを守らなければ断食は失敗してしまうことも忘れないでくださいね。断食後、突然大量の固形物や油っこいものが入ってくると胃がびっくりして、消化不良を起こしてしまいます。
 

断食後の胃を元の状態にゆっくり戻すためにも、回復食のルールは絶対に守るようにしましょう。回復食を摂らずに、食欲のままに食べているとせっかく小さくなり、休めていた胃がせわしなく働くこととなり、断食の効果が無駄になってしまいます。
 

断食後に体重が増加する原因にもなってしまうので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です