断食の二日目が辛い!対処法を教えて!


断食ダイエットは、普段通りの食事ができませんから、誰でも空腹感に耐えなければいけません。
 

一日目はなんとか我慢できても、二日目になると辛い気持ちが高まってしまい、精神的なストレスになってしまったり、挫折のキッカケになってしまう事もありますよね。
 

二日目が辛いのは誰でも同じなのですが、そのつらさを少しでも緩和しながら断食ダイエットを乗り切るためには、いくつか工夫できることがあります。
 

1.二日目の空腹を紛らわすためにはどうする?

 

まず、何もすることがなくて手持無沙汰になってしまうと、空腹感に意識が集中してしまいます。
 

お腹がすくのは誰でも経験する症状なのですが、そこに意識を集中してしまうと辛さが倍増してしまうので、あまり考えないように時間の使い方を工夫するようにしてくださいね。
 

仕事をしていると気持ちがまぎれる場合には、断食を平日に行うのも良いですし、週末で在宅時に行う場合には、録画したドラマや映画をまとめてみるなど、「お腹がすいた」と考える暇を作らないことが、うまく乗り切るポイントとなりますね。
 

2.空腹感は自分でコントロールできる?

 

また、空腹感もある程度自分でコントロールすることができます。例えば、断食ダイエットと言っても、期間中には水しか飲まないというわけではなく、最低限の栄養補給は行います。
 

酵素ドリンクや青汁、野菜ジュースなど液状にしたものを使って消化しやすい状態で体内に摂取してあげるわけですが、この時に酵素がたっぷり入っていると満腹中枢を刺激しやすいので、酵素を意識して摂取するのも悪くない対策法です。
 

市販の酵素ドリンクを使うのも良いですし、たくさんの野菜をミキサーにかけて野菜ジュースを手作りするのもおすすめです。
 

酵素に加えて、食物繊維が豊富な場合でも満腹感を感じやすくなりますから、野菜ジュースを作る際には、食物繊維がたっぷり入った野菜を選ぶのも効果的です。食物繊維は、腸内に入ると水分を吸収して膨張し、大きな満腹感へとつながりますね。
 

3.断食反応の対策方法とは?

 

また、断食の二日目になると、場合によっては断食反応と呼ばれる頭痛やめまいなどの症状が起きてしまう場合があります。
 

こうした症状が起こった場合には、無理に我慢して継続するのは危険なので、まず最初にハチミツを少しだけ飲んでみて、それでも症状が軽くならない場合には、断食は一時中断して、栄養補給をしっかりと行うようにしてくださいね。
 

頭痛やめまいなどの症状は、血液中に糖濃度が極度に低くなっていることによって、脳が拒絶反応を起こしている状態です。ハチミツで糖質を補給してあげれば症状が改善できることが多いのですが、その際には、あまり水分を多く摂りすぎないように気を付けましょう。
 

水分を取りすぎてしまうと、血液中の糖濃度がさらに薄くなってしまうので、症状がひどくなってしまいます。
 

断食ダイエットで辛い思いをしないためには、精神的に余裕のある時に行う工夫も大切です。
 

精神的に追い詰められている時やストレスを溜め込んでいる時、また体調がすぐれない時に断食ダイエットを行っても、良い結果にはつながりません。肉体的や精神的にトラブルを引き起こす原因となりますから、体調が良い時を選んで実践してくださいね。