断食ダイエットの二日目で体重は何キロ減るの?


断食ダイエットをすると、1日当たり1キロぐらい体重が減るのが目安と言われています。
 

単純計算をすると、二日目には体重が2キロぐらい減っているのかなと考えがちですが、この数字は必ずしも皆確実に減るというわけではなく、個人差がありますから、二日目で2キロ減っていなくても焦ることはありません。
 

1.断食でどのように体重が減るの?

 

断食ダイエットによって体重が減る要素はいくつもあります。まず、人間の体は食事によってエネルギーを摂取し、基礎代謝や運動などによって摂取したエネルギーを燃焼するというメカニズムになっています。
 

摂取エネルギーよりも燃焼エネルギーの方が多ければ、体内の糖質や脂質をエネルギーとして体が燃焼してくれるので、体重は減りますし、体脂肪が燃焼されることで体型もスッキリ細くなりますよね。
 

普段から基礎代謝が活発な人の場合には、断食ダイエットをすることで体重の減少も迅速ですが、慢性的な運動不足などで基礎代謝が低い人の場合には、二日目でも体重があまり減らないこともあります。
 

2.基礎代謝をアップするにはどうする?

 

基礎代謝をアップすることは、短期間の断食ダイエットでもより効率的に体重を減らすためのポイントとなります。
 

例えば、期間中にはヨガやピラティスのようなストレッチ系のエクササイズをして、骨に近い部分のインナーマッスルを鍛えてあげることも基礎代謝改善効果が期待できます。
 

また、湯船に使ったりして体を温めてあげることも、基礎代謝をアップする効果が期待できますね。
 

また、断食ダイエット中に代謝機能や消化機能を活性化してあげることも、減量効果を大きくすることにつながります。そのためには、断食中には酵素を積極的に摂取するのが良いですね。
 

市販の酵素ドリンクなどを使うのも良いですし、新鮮な野菜をミキサーにかけて酵素を摂取する方法もおすすめです。
 

3.腸内のデトックスが有効?

 

さらに、断食中には内臓のダメージが修復されて機能がリセットされるので、それまで慢性的に機能低下していた腸なども正常な状態へと戻りやすくなります。
 

便秘が続くと腸壁には宿便がこびりついて体重増加の原因にもなってしまいますが、断食によって腸の活動を正常な状態へと戻してあげることができるので、宿便もサッと排出できて減量効果が期待できます。
 

宿便は人によっては2キロぐらい詰まっていると言われているので、腸内をデトックスすることで体重を2キロぐらい減らすことも可能です。
 

短期間の断食ダイエットでは、誰でも体重を減らすことができます。しかし、大切なのはどのぐらい減らせるかと言うことではなく、減らした体重をリバウンドすることなく維持できるかどうかという点です。
 

仮に断食で3キロ減らしても、リバウンドして5キロ増えてしまったのでは、プラスマイナスでは増加になってしまいます。リバウンドせずに減らした体重を維持することが、断食ダイエットの大きなポイントとなります。
 

そのためには、断食中に基礎代謝が低下しないようにしっかりと栄養補給をしたり、ストレッチをしたりするなどの工夫が欠かせません。