断食の二日目で頭痛がする理由とは?


今すぐに何とか体重を減らしたい!と言う人にオススメの断食ダイエットは、誰もが一度や二度は挑戦した経験があるのではないでしょうか。
 

断食ダイエットは、正しい知識を持って適切な方法で行えば、リバウンドすることなく確実に体重を減らすことができるだけでなく、体内の毒素をスッキリデトックスしたり内臓のダメージを修復できるなど、たくさんの効果が期待できます。
 

しかし、断食中には頭痛などのトラブルを起こすことがあるので注意が必要ですね。
 

1.なぜ二日目に頭痛がするの?

 

断食ダイエットを行うと、二日目あたりで頭痛に襲われることは珍しくありませんよね。これは断食反応と呼ばれる症状で、体内に炭水化物が入っていない状態で代替物となる脂質をエネルギーと燃焼しようとする際に起こります。
 

人間の体はもともと弱アルカリ性なのですが、脂質をエネルギーとして燃焼しようとすると体が慣れていないために不完全燃焼を起こしてしまい、ケトン体と言う酸性物質が作られます。
 

これがエネルギー源として燃焼されることになるのですが、脳にとってはケトン体になれていないために拒絶反応を起こし、頭痛が起こってしまいます。
 

また、断食中に水分摂取が不足してしまうと、血液中の水分が少なくなって血流が減り、貧血を起こしやすくなります。頭痛がしたりめまいがしたりするのは、そうした原因によるものです。
 

2.頭痛が起きたらどうしたらよいの?

もしも断食ダイエット中に頭痛などの症状が起こった場合には、すぐに栄養補給をしなければいけません。
 

栄養補給と言っても通常通りの食事をするというわけではなく、ミネラルやビタミン、食物繊維が豊富に入ったドリンクに、ハチミツなどの糖を少しだけ混ぜたものを飲んでくださいね。
 

糖質が不足するために起こっている断食反応だからといって、一気に糖質が多いジュースをたっぷり飲んでしまうと、急に血糖値が上昇して糖尿発作を起こすリスクがあるので危険です。
 

また、頭痛が起きている時にしてはいけないことは、体の水分が不足しているのだろうと思い込んで、糖質を取らずに水分のみを取ってしまう事です。
 

水分だけを摂取すると、血液中の糖濃度がさらに薄くなってしまうので、症状が悪化しやすくなってしまいます。
 

3.頭痛をおきにくくするには?

 

それでは、二日目に頭痛を起こさないように断食ダイエットをするには、どうしたらよいのでしょうか?まずは、正しい知識を持って断食に取り組むことが必要ですね。
 

断食と言っても水しか飲まないような極端な方法はNGなので、ミネラルやビタミン、食物繊維をはじめとする最低限の栄養補給はきちんと行うようにしましょう。
 

また、液状にした野菜ジュースなどを飲む際には、ハチミツを少しだけ入れておけば、血液中に糖がまったくない状態にならないので、頭痛が起こりにくくなります。
 

普通の砂糖などでは糖質が高くなりすぎますが、ハチミツなら糖質が控えめですし、ミネラル分が豊富に入っているので、断食中でも安心して摂取できます。
 

また、フルーツに含まれている糖質は体内吸収が早いので、断食中にはできるだけ控えたほうが良いですね。