断食すると腹痛が治る?その理由を教えて!


突然ですが、皆さんは宿便について知っていますか?宿便とは便秘により腸内に長く滞留している便のことで、医学的には滞留便と呼ばれています。
 

1.宿便が溜まるとどうなるの?

 

宿便はポッコリお腹の原因になるだけではなく、口臭や体臭、頭痛や腰痛、神経痛、それに吹き出物やアトピーなどの肌トラブルの原因にもなる存在なのです。
 

これらの症状は必ずしも起こるわけではありませんが、宿便が溜まってくると多くの人は腹痛を訴えるのが定番となっています。
 

便が出るわけではないのに刺すような痛みに苦しめられる、便が出たのになんだかスッキリとしない、また下痢も宿便による症状だったりします。
 

改善する為に便秘薬を服用する人もいるかと思いますが、それだけではきっとまた宿便が溜まり腹痛を起こす繰り返しになるでしょう。宿便による腹痛を改善する為には断食が一番有効的です。この機会に腸の大掃除を始めてスッキリとしてみませんか?
 

2.宿便が溜まる原因とは?

 

宿便が溜まる原因は人それぞれですが、中でも多いのは食物繊維や酵素不足、それに悪玉菌の増加です。これらを一気に解決する為には余分な毒素や老廃物を排出し腸内環境を整え、代謝アップを図らなくてはいけません。
 

この効果を担っているものこそが断食なのです。断食はダイエットや美容目的に行う人が多いですが、同時に自然治癒力を高めて大方の病気を治してしまう効果も期待されています。
 

現代人に見られがちな栄養過剰を改めることで、宿便が改善され結果として腹痛に悩まされることもなくなるというわけです。
 

3.断食の方法を教えて!

 

一概に断食と言ってもいろいろな方法があります。初心者であれば朝食を抜く半日断食、慣れてくれば1日だけ食事を抜いて次の日には回復食を食べるプチ断食、そして本格的にしたい人は準備期間と回復食の期間をきちんと設けて2日~3日ほど食事を抜く断食の3つです。
 

またやり方も様々で、水以外何も口にしない方法や酵素ドリンクを取り入れた方法などがあり、選択肢が多いので自分に合ったやり方で進められるのも魅力のひとつです。
 

断食を行うことで生命活動の消化と吸収がストップし、排泄1本になるので消化器官を一斉清掃することができるようになります。胃腸が空っぽになれば腸の働きが活発になり、さらに空腹になればなるほどモチソンというホルモンが多く分泌されます。
 

モチソンの働きによって宿便をはじめ、毒素や老廃物を排出され内側からキレイを手に入れることが出来るのです。
 

断食中は空腹に悩まされ中断を考える人もいますが、身体の中で何が起こっているのかを分かっていれば普通なら苦しいはずの空腹でも喜びに感じるでしょう。最初は通常の食事の量を6~8割に抑えるところから始めて身体を慣らす必要があります。
 

そして半日断食からスタートし、徐々に難易度を上げると成功しやすいです。便秘で悩んでいる人はもちろん、便秘でない人も度々腹痛がある場合は宿便が溜まっている恐れがあります。断食で宿便による腹痛とさよならしませんか?