断食中の吐き気と頭痛!原因と対処法を教えて!


ダイエットや美容、それに健康面においても良い効果をもたらすと注目されている断食。しかし断食を始めると、頭痛や吐き気などの症状を訴える方が多いようです。
 

今まで健康だったのに始めた途端に調子が悪くなると中断したほうが良いのではないか…と不安になってしまいますよね。実はその頭痛や吐き気は好転反応と呼ばれるもので、断食を成功させる為には必ず通らなければいけない道なのです。
 

1.どうして頭痛や吐き気がするの?

 

どういう事かというと、断食中の体は今までの生活の乱れによって蓄積された老廃物や毒素を血液に押し出し流そうとします。これにより、一時的ではありますが汚れた血液が全体に回り、吐き気や頭痛などの症状を訴えるようになるのです。
 

症状は他にも便秘や下痢、食欲不振、腰痛、それにやる気が起きなかったり、集中力が低下したり、感覚系にも影響が出る場合もあります。ただ中でも頭痛や吐き気は、好転反応の定番の症状と言っても良いくらい多くの方が悩まされるようです。
 

頭痛や吐き気がツライと、つい断食を中断しようかな…と考えてしまいがちですよね。しかし好転反応が出ているということは、デトックスの真っ最中であり断食が成功する確率が高い証拠でもあります。
 

逆に何も症状が出ない場合は、失敗している可能性が高いので好転反応が出たら本来は喜ぶべきなのかもしれません。そうは言っても、やはり症状が出るとツライですよね。
 

そこで頭痛や吐き気が襲ってきた時の対処法を覚えておくと、楽になり成功しやすくなるでしょう。
 

2.頭痛が起きた時はどうする?

 

まずは頭痛の対処法です。断食中に頭痛になった場合、本来最初にしなければいけないのは栄養補給です。しかしせっかく断食しているのですから、食事を取ってしまうと今までの努力が水の泡となってしまいます。
 

そこでおススメなのが精製されていない糖分、つまりハチミツや天然のメープルシロップを摂取することです。
 

断食によりナトリウムやカリウムの濃度が低下すると頭痛を起こしやすくなるので、他にも梅干しや塩、昆布、それに具無しの味噌汁を少し飲むだけでも症状が治まるようです。
 

ハチミツ漬になった梅干しをお湯に溶いたものを飲んだら驚くほど痛みが引いた、なんて経験談も見受けられました。
 

3.吐き気への対処法を教えて!

 

続いて吐き気の対処法ですが、まず初めに行ってほしいのは体を温めることです。少し暑いぐらいに厚着をしたり、いつもより長めにお風呂に入ったり、またお湯を少量飲むのも効果的だと言われています。
 

体を温めることで血液の流れが良くなり、老廃物や毒素が混じった血液の流れを促してくれます。もしこれでも吐き気が治まらない場合は塩を舐めたり、お粥をさらに薄めたものを少しだけ食べると血糖値が上がって楽になるはずです。
 

最終手段として覚えておくと役立つかもしれません。
 

頭痛や吐き気など症状の度合いには個人差があります。今までの生活習慣が乱れていればいるほど、老廃物や毒素が多く溜まっているので症状が重かったり2~3日続くこともあり得ます。
 

もし対処法を試したけれど、それでもツライ…という場合は思い切って中断するのもひとつの方法です。まずは生活習慣を見直して再度チャレンジするよう、気持ちを切り替えましょう。