断食中に吐き気がその原因を教えて!


断食を始めた方のほとんどは、吐き気などの症状を訴えるものです。もしかして私だけ?やり方が間違っていたのかも…。と不安に思ってしまう方もいるでしょう。しかし吐き気などの症状の正体は、断食の最中に必ず起こると言われる好転反応です。
 

1.好転反応とは何?

 

好転反応とは、今までの生活の中で溜まりに溜まった老廃物や毒素が断食によって体外へ排出されている症状のことを言います。吐き気が襲ってきて、どこか体調が悪いのではないか、と心配するのも無理はありません。
 

しかしそこで慌てなくても大丈夫!その吐き気、実はデトックス効果をきちんと得ている証拠であり、断食がスムーズに進んでいることを裏付けているのです。
 

逆に好転反応が起きない断食は、失敗している可能性が高いので、むしろ吐き気などの症状が出たほうが良いと言えます。
 

2.どうして好転反応が起きるの?

 

そもそも好転反応はなぜ起こるのか?断食を始める前に知っておけば、体の中で何が起きているのか分かり、より吐き気などの症状を受け入れやすくなると思います。原因は主に4つあると考えられています。
 

    

  • 断食により体中の細胞に溜まっているプラークやコレステロール、そして中性脂肪などの老廃物が崩壊する為。
  •     

  • 体中に流れる血液中に崩壊した細胞が流れていく為。
  •     

  • 血液から今度は小腸や肝臓などの臓器にも崩壊した細胞が流れていく為。
  •     

  • 断食を行っている中で新陳代謝の過程(血液が入れ替わる)で炎症反応が起きる為。
  •  

    上から順の流れで好転反応が起き、体の不調を訴えるようになります。また症状の度合いには個人差があり、今までの生活が乱れていればいるほど体内に蓄積されている老廃物は多く、症状も重くなる傾向が見られます。
     

    加工食品や食品添加物が中心の食生活を送っている人や、肉や脂肪の多い食事を好む人、そして運動不足の人などは好転反応の症状が強い可能性が高いです。
     

    当てはまるものが多ければ多いほど、それだけ反応が強く出る恐れがあるので断食を始める前に生活リズムを整えることから始めたほうが良いでしょう。症状に耐えかねず、中断してしまうケースも考えられます。
     

    3.吐き気は好転反応なの?

     

    吐き気は好転反応の代表的な症状で、多くの方が経験します。他にも好転反応によって起こる症状が幾つかあるので、覚えておくと急な体の変化に焦らずに済むでしょう。
     

  • 頭痛
  • 歯の痛み
  • 腰痛
  • 関節痛
  •  

  • だるさ
  • 眠気
  • 集中力の低下
  • 注意力が散漫になる
  • 寒気
  • 微熱
  • ヤル気が出ない
  •  

    など感覚系にも影響は出るようです。便秘や下痢、めまい、肩こり、それに体臭や口臭などの症状もあり、1つだけでなく複数の症状が合わせて出てくるケースが一般的です。
     

    これらの症状はどれもデトックス効果をきちんと得ていて、スムーズに断食が進んでいる証拠です。また好転反応は一時的なものであり、ずっと続くわけではありません。
     

    個人差もありますが、だいたいの方は断食1日目の夜~2日目の朝くらいに何かしらの症状が出るようです。これを参考にして、会社や学校が休みの日に合わせて行えば好転反応を無事に乗り越えられ断食を成功させることが出来るでしょう。