断食をするとどうして眠いの?


断食ダイエットをすると、お腹がすいているのに眠いという症状を感じることがあります。
 

お腹が満腹になって眠いということはよくあっても、空腹なのに眠くなるなんて、もしかしたら自分の体に異変が起きているのではないかと心配する人も少なくありません。
 

1.断食のメリットとは?

 

断食ダイエットを行うと、それまで内臓にかけていた負担を軽減できるだけでなく、心臓や脳、神経やホルモン分泌機能など全身の臓器や機能のダメージを軽減して機能をリセットすることができます。
 

また、体内に蓄積されている老廃物や毒素をスッキリ排出できるので、大きなデトックス効果も期待できますね。断食ダイエットをすることによって全身の機能が改善できれば、慢性的に体調がすぐれない人でもスッキリと解消できます。
 

2.好転反応とは?

 

その体調の変化が起こる直前に現れるのが、好転反応と呼ばれる症状で、眠いとか頭が痛い、吐き気がする、めまいがするなど、様々な不快な症状が現れます。
 

どんな症状がどんな風に出るかは個人差がありますが、好転反応は断食ダイエットをする人の多くが経験するので、こうした症状が出てもあまり驚く必要はありません。
 

体調がよくなる前触れなので、特に何もせずに放置しても、症状は自然となくなることが一般的です。
 

頭が痛いとか吐き気がするなどの症状は、日常生活に支障が出てしまうほど不快ですが、眠いとかだるいというような症状は、普段の疲れが出ているのかなと考える人が多く、好転反応だと気づきにくいことがありますよね。
 

気づいても気づかなくても,好転反応は放置しても自然に消滅するので問題はありませんが、眠いな、体がだるいなと感じたら、無理をせずにできるなら昼寝や仮眠をするのもおすすめですね。
 

3.どうして眠くなるの?

 

眠いとかだるいという症状は、一般的には体や神経がリラックスしていることが理由で起こる症状です。断食ダイエットをすると、全身の機能にかかる負担が軽減されるために、ストレスが解消されて全身がリラックスしやすくなります。
 

神経機能もリラックスするので、脳内からリラックス成分であるセロトニンが分泌されて眠くなったり、全身がだるくなったりと言う症状が起こりやすくなります。
 

こうした好転反応は、断食ダイエットをたまにしか行わない人は起こりやすいですが、定期的に行っているうちに、体が慣れてきますし体内の毒素や老廃物の量も少なくなるので、こうした症状が起こりにくくなります。
 

体内に毒素や老廃物が多くたまっている人ほど、好転反応も大きく出やすいことが多いので、何回か断食ダイエットをリピートしているうちに、体内の毒素や老廃物が溜まる前にダイエットで排出できることも、好転反応が出にくくなる理由と考えられます。
 

もしもダイエット中に眠くなったら、それは体がリラックスしている良い反応だと考えると良いでしょう。
 

仕事中に眠くなってしまうのは困りますが、昼間でもダイエット中に眠くなり、少しでも眠れる余裕があるなら、仮眠を取るという方法も新陳代謝が活性化されるので、大きな健康効果が期待できます。