断食ダイエットのリスクを教えて!

Pocket

断食ダイエットは、短期間での減量が可能なうえに、体内デトックスや内臓機能の休息にもなるので健康的に痩せたいと考える方にはおすすめです。
 

本来の断食は宗教活動の一環でおこなわれるものですが、ダイエットを目的とした断食は期間も短く完全な絶食ではありませんからプチ断食とも言われていますね。
 

しかし、プチ断食でも一時的に栄養素をほとんど摂らないため、やり方を間違えてしまうと、リスクが生じてしまうのも事実です。
 

リスクとは栄養不足による体調不良や筋肉の低下、リバウンドなどが挙げられます。これらのリスクを回避するためには、いくつかのポイントがあります。
 

1.リスクのないプチ断食とは?

 

ダイエットを目的とした断食の期間は最長3日間が限度です。3日以上の断食をおこなうと、体は完全なエネルギー不足となり、貧血やふるえなどの極度な体調不良などのリスクが生じます。
 

3日間までは体内に蓄積された栄養素が働くので問題はないと言われています。ですから、健康的に痩せたいのであれば3日を限度におこなってくださいね。
 

また、断食とは言え固形物以外の低カロリーの栄養素を1日3食補給することも絶対に必要です。一般的に利用するのは、野菜ジュースや酵素ドリンク、ヨーグルトなどです。
 

水以外は摂らない本格的な断食方法は、極端な栄養不足から体調不良の原因につながってしまうのです。最低限の栄養を体内に取り入れることで食欲も満たされ、脳の働きも正常のままでいられます。
 

2.準備期間の目的は何?

 

プチ断食を始める前には、必ず準備期間を設けることも体調不良などのリスクを回避するためには必要です。準備期間とは、断食の1~2日前から少しずつ食事の内容を和食を意識した体に優しい食事にするものです。
 

これにより、断食をおこなっても体が拒否反応を起こさずにスムーズに飢餓状態を受け入れやすくなります。
 

準備期間を設けずに前日の夕食を油っぽいものなどの高カロリー食品にしてしまうと、体が断食に慣れずに拒否反応を起こし体調不良のほかに、体重変化も見られなくなってしまいます。
 

3.回復食の役割とは?

 

断食を終えるにあたっては回復食も必ず設けてください。回復食とは断食後に通常の食事に戻すために体を慣らす食事のことです。
 

断食最終日の夕飯はおかゆやうどんなど消化の良いものを食べて胃を少しずつ固形物に慣らしていきます。できれば翌日の食事もあっさりした和食が理想です。
 

断食を終えてすぐに揚げ物やファーストフードなどを食べてしまうと内臓が驚いてしまい、体調不良を引き起こしてしまうこともあります。さらに、断食後の身体はカロリーの吸収率も高くなることから、気を付けないと太りやすくもなってしまうのです。
 

断食中はタンパク質が不足してしまうので、筋肉の低下も考えられます。これを回避するためには、軽い筋トレなどをおこなうと効果的です。
 

筋トレができない方は、エレベーターではなく、階段を使ったり普段より多く歩くなど適度に体を動かすだけでも効果はありますよ。
 

このように、断食ダイエットには細かい注意点がいくつかありますが、これらを意識して正しくおこなえばリスクは回避できるのでしっかりと頭に入れて健康的に痩せたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です