断食ダイエットはリバウンドしやすい?


ダイエットをしてもすぐに失敗して太る…そんな経験をしたことがある人は少なくないと思います。
 

そういう私もダイエットで一時的に痩せても、気がつくとまた食生活が元に戻り、続けていた運動も辞めてしまい、結局太るということを何回も繰り返しています。
 

1.断食とは何?

 

ダイエットを続けるのって、本当に難しいですよね。そんな私が最近気になっているのが、プチ断食というダイエット方法です。断食とは、その名の通り全く食べ物を口にしないということです。
 

断食中は水は多めに飲んでもいいものの、食事もおやつもお酒も全て摂ってはいけません。この断食を1日、生活の中に取り入れて時々行うことで体質改善され、健康な身体になることができるんだそうです。
 

2.基礎代謝は年齢とともにおちる?

 

残念ながら人間の身体は、年令と共に基礎代謝が落ちて太りやすくなるようにできているそうです。そして、腕、ウエストなどの気になる部分に脂肪が付きやすくなってしまうというおそろしいことに…。
 

基礎代謝とは、何もしなくても代謝されるエネルギーのことで、寝ていても座っていても呼吸していても消費されるエネルギーです。若い頃は代謝がいいので、寝ている間に消費されるエネルギー量も多かったものです。
 

それが年齢と共に次第に消費されるエネルギー量が減ってしまうため、太りやすくなってしまうんですね。
 

ですから30歳を過ぎた私のような人間が特に運動をすることもなく若い頃と同じように食べたり飲んだりしていたら、太るのは当たり前という話になってしまいます。
 

3.断食はリバウンドしやすい?

 

でも、断食なんて辛いことをしたら、かえって断食が終わった途端食べこんでしまったり、リバウンドしたりしてしまうのでは?という一抹の不安もぬぐえませんよね。断食には正しく行う方法というものがあります。
 

ただ食べることをやめればいいというものではないようです。断食の前日と翌日は、食べる量をセーブすること、特に断食翌朝はお粥を軽く一杯食べる程度にとどめることが大切だそうです。
 

断食中は意識してたっぷり水を飲むことも忘れてはいけないことのひとつです。正しい断食の方法を実践して、断食後の暴飲暴食をおさえればそれほどリバウンドを怖がる必要もなさそうですね。
 

このように時々1日程度行う断食のことをプチ断食なんて呼んだりもするそうです。このプチ断食には体重を一度にたくさん落とすというのではなく、脂肪を燃やしやすくする身体にするという効果があるそうです。
 

プチ断食をして胃腸を休めることで、腸の活性化をすることができます。普段の暴飲暴食から適度な食事の仕方へと変える効果や、体内の老廃物を排出しやすくする効果が期待できるとのことです。
 

毎日活動している胃腸を休め、便秘やむくみを解消するのに役立つそうです。
 

更にうれしいことに、断食をして身体が空腹状態になると、若返りの遺伝子であるサーチュイン遺伝子というものがたくさん発生するそうです。痩せ体質になれて、更に若返ることもできるプチ断食、一度やってみたいなと思っています。