断食ダイエットはリバウンドするの?

Pocket

断食は言葉の通り食を断つことです。もともとは、宗教的行為として行われていましたが、最近ではこれを応用してプチ断食ダイエットなるものが注目されています。
 

断食ダイエットとは、1~3日間程度1日3回の食事をヨーグルトや酵素ドリンクなどに置き換える方法です。
 

1.断食ダイエットの注意点とは?

 

固形物は一切口に入れず、ドリンクなどだけで過ごすことで、カロリーを消費しやすく肝臓や胃腸などの活動を休めて体の機能のリセットにもつながりますし、体の毒素排出などにもつながります。
 

ダイエットの目的以外にも、普段から不規則な食生活の方がおこなうことでも体の機能を正常に戻せるので健康にも有益と言われています。
 

ただし、いくら短期間とは言え最低限の栄養素しか補わないダイエットはリバウンドをしやすいのも事実です。食べることに慣れている体が、突然食べなくなれば飢餓状態になります。
 

そうなると脳はいつも以上に食べたい欲求が高まり、食べないことが我慢できなくなってしまいます。
 

断食ダイエットは正しい方法でおこなえばリバウンドの心配はありませんが、間違えた方法でおこなってしまうと、せっかくの断食が逆効果にもなってしまうので注意が必要です。リバウンドをしないために注意するべき点はどんなことなのでしょう?
 

2.リバウンド防止には意思も重要!

 

まずは断食ダイエットを始める前に意思を強く固めることが必要です。断食ダイエットの一番の問題は食欲との戦いです。普段から食べている白米なども断たなくてはならないので、炭水化物が大好きな方などにはつらいはずです。
 

せっかく断食を始めても2日目に食欲を我慢できずにご飯を食べてしまっては、痩せないどころか中途半端な結果に終わりリバウンドを引き起こすことも。そんなことにならないためには、●●キロ絶対に痩せる!と強い意志表明を自分にすることが重要です。
 

その意思を紙に書いて部屋の壁に貼り、痩せた自分を想像しながら頑張ると意外とモチベーションが継続するので試してみてくださいね。
 

意思を強く持ち、ダイエットが無事成功しそうになった断食最終日には注意が必要です。せっかく頑張って断食を成功させても、その直後に以前と変わらぬ食事を始めてしまっては確実にリバウンドをします。
 

3.断食成功のカギは最終日!

 

なぜなら断食中の身体は軽い飢餓状態なので、体に取り入れるものの吸収が良い状態です。
 

通常の食事であっても、いつもよりもカロリーの吸収率も高くなってしまうので、断食直後からしばらく(3日程度)は、消化の良いなるべく和食を中心にしたものを食べるようにしてくださいね。
 

また、断食中は最低限の栄養素しか補わないので筋肉が低下しやすくもなっています。そうなると基礎代謝が低下して脂肪が燃えにくくなってしまうのです。これによりせっかく断食をおこなっても脂肪の燃えにくい体になってしまうことも。
 

これを避けるためには断食中から筋力アップのエクササイズなどを積極的におこないましょう。断食によってせっかく理想の体重になってもリバウンドしては意味がありませんね。
 

以上のことを気を付けるだけでもリバウンド回避になるので、是非実践してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です