断食酵素ダイエットは何日するの?

Pocket

断食ダイエットの断食食として高い人気がある酵素。酵素は人間の体の栄養素であり、消化や代謝などをサポートする成分です。通常野菜や果物、肉や魚などに多く含まれる酵素は体の中で消化酵素や代謝酵素として働きます。
 

1.どうして酵素が必要なの?

 

消化酵素は食べ物の消化を助ける働き、代謝酵素は体内のさまざまな代謝(脂肪代謝や新陳代謝、メラニン代謝など)を助ける働きです。
 

本来はどちらの酵素としてもバランス良く働くのが理想ですが、不規則な生活や食生活の乱れが生じると酵素は消化機能に偏り、代謝機能が低下してしまいます。
 

そうなると脂肪や毒素が代謝されにくくなり肥満や肌荒れの原因になってしまうのですね。
 

そこで酵素ドリンクを利用した断食がおすすめなのです。断食中は通常の食事の代わりに酵素ドリンクを飲みますが、その間は固形物を摂らないため消化器官は休んでいる状態です。
 

なので、服用した酵素ドリンクはすべて代謝機能として働き短期間で体内の脂肪や毒素を代謝して排出できるのです。これによりダイエットや美肌につながるのですね。
 

2.何日間断食酵素ダイエットをすればよい?

 

自宅で断食をおこなう場合は通常1~3日間の短期間となります。酵素ドリンクには酵素成分のほかにビタミンやミネラルなど体に必要な栄養素がたくさん入っていますが、4日以上食事の置き換えは健康に危険を生じることがあるので避けてくださいね。
 

多くの方が実践されているのは、1日だけのプチ断食と言われるものになります。1日だけを酵素ドリンクで過ごすので休日などを利用して気軽にできますね。
 

ただし、断食のやり方には決まりがあり断食実行日の前後には準備期間と回復期間を設けなくてはなりません。
 

3.3日間は何を食べる?

 

その時にも食事の制限が必要になるので実際には1日だけの断食でも食事の拘束は3日間になります。
 

準備期間とは断食実行日の前日に体を慣らす日のことです。準備期間を設けずに断食を始めると体は飢餓状態に耐えられなく体の不調が表れてしまいます。
 

なので、断食の前日には、なるべく胃腸に負担のかからないうどんやおかゆなどを意識した食事を心がけてくださいね。
 

前日のメニューは、朝→通常通り、昼→おにぎりとサラダ、夜→おかゆやうどん、もしくは酵素ドリンクなど、朝から夜にかけて軽い食事にしていきます。
 

回復期間とは、断食が終えたあとに通常食に戻すためのリハビリの日です。
 

断食を終えた体はたくさん食べることに慣れていないため、回復期間を設けずに突然元の食事に戻してしまうと、体はビックリしてしまい胃腸を壊したり、リバウンドを起こしてしまいます。
 

そのため準備期間と同様に軽い食事を心がけて胃の状態を少しずつ慣らして行きましょう。
 

断食の期間により準備と回復の日数も変わります。断食を2日間おこなう場合には、準備期間と回復期間をそれぞれ2日ずつ、3日間の場合にはそれぞれ3日ずつ設けます。
 

準備と回復の期間にも酵素ドリンクを上手に取り入れると断食の効果が出やすく、また効果が持続しやすくもなります。準備・回復期間の夜だけを酵素ドリンクにするなどでも、栄養もしっかり補給できますし、胃に負担もかからないためおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です