断食ダイエットのメリットとデメリットを教えて!

Pocket

断食ダイエットは1~3日間、通常の食事を低カロリーの野菜ジュースや酵素ドリンクなどに置き換える方法で、短期間で痩せられると話題になっています。
 

1.断食ダイエットのメリットとは?

 

ダイエット以外にも美肌効果や健康効果などもあるため、体のメンテナンスとして行われている方もいます。
 

断食によって痩せられる仕組みは、カロリー低下によるものと代謝機能回復によるものです。通常の食事では1日1,500カロリー程度の摂取となりますが、野菜ジュースなどを置き換えることで摂取カロリーが極端に低くなります。
 

当然蓄積されるカロリーは減り、痩せるということですね。また固形物を含む食事により、体の消化器官などはつねに働きますが、固形物を摂らない断食中は消化器官などが十分に休まり、体の機能が回復されやすくなります。
 

これにより代謝機能なども正常に戻るので、断食が終わったあとも痩せやすい体になるのです。
 

このほか断食には、美肌効果もあります。これは、体内の毒素が排出されることで、あらゆる代謝が高くなるので当然肌の代謝も高くなり細胞が活性化され、美肌が作られるのですね。
 

さらに断食をすることで腸内環境も整い便秘の解消にもつながりニキビや吹き出物の改善にもなります。健康面においても、短期間の断食はコレステロールを正常値に戻したり、内臓機能を回復させたりとメリットが多いのです。
 

2.断食ダイエットにデメリットはあるの?

 

ただし、断食をおこなう際にはデメリットも少なからずあるのも事実です。これは普段から満たされている食欲や体の機能が一時的に飢餓状態を覚えることから生じるのですが、正しく対処をすればデメリットは克服できるので問題ありません。
 

断食で生じるデメリットとその対処法とはどんなことでしょうか?
 

断食ダイエットによるデメリットで一番大きいのは、空腹による集中力と体力の低下です。断食中は極端にカロリーが抑えられますから、空腹は付き物になります。
 

当然、体は飢餓状態となりつねに何かを食べたい欲求に駆られてしまうので、仕事などをしていても集中できなくなってしまうことがあります。また、エネルギー不足により倦怠感なども覚えます。
 

3.デメリットは解決できる?

 

これらを回避するためには、水をたくさん飲んで空腹を紛らわす、断食後の達成感を想像してモチベーションを高める、エクササイズなどの軽い運動をして神経をリラックスさせるなどを実行すると良いです。
 

筋肉量の低下も断食により生じるデメリットです。断食中はタンパク質が不足してしまうので、筋力が低下します。
 

これを回避するためには、断食中に意識的に筋肉を動かしましょう。筋肉トレーニングなどは必要なく、階段を使ったりするだけでも筋力低下が防げますよ。
 

断食ダイエットを成功させるためには、これらのデメリットを克服しなくてはなりませんね。断食ダイエットは正しくおこなえば体にとってメリットは多くなりますが、誤った方法ではデメリットも生じます。
 

断食をおこなう前にはよく理解をして健康的に断食ダイエットを始めてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です