断食ダイエットはどのぐらいするの?期間を教えて

Pocket

「食べない」ダイエットである断食。これの詳細を知らない人にとっては断食は危険なもの、リバウンドするなどの印象があるようです。確かに正しいやり方を実践しなければその通りです。
 

しかしながら、断食は正しいやり方をきちんと実践すれば、危険でもなくリバウンドもしにくいもので、しかも体質も改善させることができるので断食後も太りにくい体質になることができるのです。
 

1.断食ダイエットの正しい方法とは?

 

その正しいやり方とは、時間をかけることです。断食期間を長くとるわけではありません。専門医の指導がない状態で、個人で72時間以上断食をすると危険度が一気に高まります。
 

そのため、断食、つまり食事をとらない期間はそれ以下でなければなりません。ではどこに時間をかけるのか。それは準備の時間と回復の時間です。リバウンドが起こる原因はここに時間を掛けなかった場合がほとんどです。
 

食べない状態からいきなり暴飲暴食をすれば吸収力が高まっているので太ってしまいます。徐々に食事を減らし、断食をして、少しずつ時間をかけて食事を戻していく必要があります。
 

特に回復期間は重要で、断食期間と回復期間を同じくらいの時間確保する必要があります。単純に考えると3日断食するとすれば1週間は断食とその調整の為に時間を確保する必要があります。
 

2.断食は何度すればよい?

 

また断食はたった1回の実施でも効果が出るのでしょうか。答えはイエスです。しかし、たった1回の断食の効果が一生持続するのか、それはノーです。考えてみてください。
 

健康に気を付けた生活をしていても体は老廃物がたまっていってしまうのです。人間ってそういうものだと思うようにしましょう。だから、常に体をキレイな状態にしていたいのであれば定期的に繰り返す必要があります。
 

3.断食はどのぐらいの期間すればよい?

 

しかし何度も何度も断食をすると考えると少し辛いですよね。そういう人のために体にクセがつく期間を教えます。これは3ヵ月です。一般的にダイエットは3ヵ月以上時間をかけると健康被害が少なく、リバウンドも少ないとされています。
 

その理由は諸説あるのですが、一説には体の中の細胞がクセづくのに3ヵ月かかるからだといわれています。そのため、3ヵ月を過ぎるとリバウンドの可能性が一気に少なくなるとされています。
 

こういった理由からダイエット目的や体質改善目的で断食を行うのであれば、3ヵ月おこなってみてください。体が“キレイな状態”を覚え、より効果が持続しやすくなるのと本格的な改善を見込むことができます。
 

もちろん最初から長くできるのであれば、1回を軽めのものにして定期的に行ってください。準備期間と回復期間さえ確保していれば、断食期間が1日だけでも十分効果は表れます。
 

長期間1度で断食をした方が数字的な効果はすぐに表れるでしょう。しかし、たった1日の断食を定期的に繰り返し行う方が体がキレイな時間は長くなるし、体もその状態を覚え本格的に体質を改善することができます。
 

痩せる事も大切ですが、痩せやすい体を作ることもダイエットを行ううえでは非常に重要です。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です