断食ダイエットの回復食の意味とは?

Pocket

断食ダイエットを成功させるためのルールはたくさんあります。断食前の準備食をしっかりおこなうこと、断食中には固形物の摂取のほかに、禁煙・禁酒を徹底することなど短期間ではありますが、徹底して守らないと断食にはなりません。
 

そして意外と断食実行中までは何とか成功するものの、断食後の回復食で失敗をしてしまうことも多いようです。
 

1.回復食とは何ですか?

 

回復食とは、断食を終えたあとの食事ですね。断食中は通常の食事ではなくカロリーの低い野菜ジュースや酵素ドリンクなどを摂るため、体は軽い飢餓状態になっています。
 

飢餓状態を起こしている体はカロリーの吸収率も高く普通の食事であっても、太りやすくなっているのです。また、断食中は内臓などが休んでいる状態のため急に普通の食事に戻すと、胃腸や肝臓が驚いてしまい却って負担をかけてしまうのですね。
 

これは、普段運動をしない方が準備体操もしないで突然激しい運動をするのと同じくらい体に負担をかけることになります。
 

ですので断食が無事に終了したからと言って、翌日から好きなものを食べてしまっては断食は成功しません。急に食べることで断食前の体重より増えてしまったり、胃腸の調子を悪くしてしまう可能性があります。
 

断食ダイエットは回復食までを含めてプログラムになっているので、しっかりと回復食までおこないましょうね。
 

2.回復食は何を食べたらよい?

 

回復食は正確に言うと断食最終日の夜から始まります。例えば2日間の断食をおこなった場合には、2日目の夕食から回復食になります。回復食は絶対にコレを食べなくてはならない!というメニューの固定はありませんが、基本は胃に優しく消化に良いものですね。
 

具体的にはおかゆやうどん、味噌汁や野菜スープや雑炊などです。また回復食の時点でもアルコールは避けてくださいね。そして食事はゆっくりと噛むことを意識してとるようにしましょう。
 

回復食の期間は、断食をおこなった期間と同じ日数を設定します。断食を2日間おこなったら回復食の期間も2日間にします。
 

仕事の付き合いなどでどうしても回復食期間に通常の食事を摂らないといけない場合には、なるべく胃に優しいものを意識して食べるようにしてください。
 

3.外食時の回復食はどうする?

 

居酒屋などの場合には、豆腐や鍋雑炊を頼んだりするようにしましょう。そのような食事ではなく、レストランのコース料理などを食べないといけない時には、普段よりも多く噛んで胃の中で消化しやすい状態にしてから飲む込むようにする努力などをすれば大丈夫です。
 

ただし、カロリーが高く脂の多い肉などは胃の負担にもなるので、できれば肉より魚を意識して頼むようにするのも必要です。
 

断食ダイエットは回復食をキチンとおこなえるかどうかで成功が決まります。断食中の食欲からすぐにいろいろなものを食べたくなる気持ちもわかりますが、せっかく頑張って落とした体重を維持させるためには、あと少しだけの我慢が必要ですね。
 

回復食が終わった時点では、心身ともにより健康になっていて、自然と暴飲暴食も防げるはずですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です