断食ダイエットの方法を知りたい!

Pocket

今大人気の断食ダイエット。食事制限を毎日しなければいけないようなダイエットに比べて、断食ダイエットは週末を利用するだけでOK、しかも月に1度や2ヶ月に1度くらいのペースで行えばいいので、ダイエット特有の苦痛が少なく済むという大きなメリットがあるんですよね。
 

女性はもちろんのこと、男性にも断食ダイエットって人気があるんです。
 

そんな断食ダイエットですが、週末だけ行うようなプチ断食でも正しい知識を持って行わないと、逆効果になってしまったり、体調不良を引き起こしてしまうことがあるので、事前に断食ダイエットの正しい方法をしっかりと把握することが大切です。
 

1.断食ダイエットはいつすればよいの?

 

断食ダイエットをする時は、必ず体調のいい日にすること、気分も優れている時に行ってくださいね。また、一般家庭で個人的に断食ダイエットをするのなら、長くても2日にすることを忘れないようにしましょう。
 

3日以上の断食は、専門的な知識がある人の指導のもとで行わないと危険が伴うことがあるので、あくまでも週末のみを利用して行うことが大切です。
 

ただ、プチ断食も土日がメインになるとはいえど、金曜日から月曜日、もしくは火曜日にかけても行っていくことになるので、正味4~5日は、断食に関係ある日と思っていた方がいいかもしれません。
 

2.断食ダイエットで食べられるものは?

 

金曜日は準備期間となり、消化が良いもの、油っぽくないもの、腹八分を心がけて和食を中心に食べる期間となります。この時、どれだけ胃の中のものが消化できるかで断食の効果も左右されるので、準備期間もしっかりと行うことが大切なんです。
 

さらに、回復期となる月曜日と火曜日は少しずつ食事を元に戻していく時。重湯と呼ばれるお粥をドロドロにしたものを中心として、具なしのおみそ汁などを食べます。
 

少しずつお粥も粒が残るように、またおみそ汁にも柔らかく茹でた野菜を具にして飲みます。腹八分もしくは腹7分で抑えるようにして、胃に負担がかからないようにします。
 

断食前後の食事は、朝昼晩とできるだけ決まった時間に摂るようにしたいところですが、遅くとも夕食は20時くらいまでには食べ終わるように心がけてくださいね。
 

3.断食ダイエット中には何を飲む?

 

断食ダイエットの最中は、お水は1日1リットル以上を飲むことが基本となっていて、朝と昼と夜の食事の時間には野菜ジュースや100%リンゴジュース、酵素ドリンクなどをコップ1杯飲みます。
 

また、断食と言ってもいろいろな方法が出ているので、やろうと思っている断食ダイエットの仕方で正しく行うようにしてくださいね。
 

今は、ヨーグルトを使った断食ダイエットもあり、全く食べられないというわけではないので、食べられないことで断食に失敗してしまうのではないかと不安になっている人は、ヨーグルトを使った断食ダイエットがおススメです。
 

手軽にできるのがプチ断食ダイエットですが、自己流は効果が期待できないので、やり方をしっかりとチェックした上で、体調を見ながら行ってみてくださいね。やってみると意外にハマってしまうかもしれませんよ。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です