断食ダイエットをしたい!効果的な日数を教えて!

Pocket

ファスティングとも呼ばれている断食ダイエットは、どのぐらいの日数行うかによってさまざまな効果が期待できます。
 

1.1日の断食ダイエットでも効果あり?

 

まず、ちょっと食べすぎて胃が重たいなと感じた時には、軽く1日の断食ダイエットをしてみると良いですね。1日ぐらいなら誰でも簡単にできますし、食べ過ぎて体調がよくない時には食欲もあまりないことが多いので、無理なくスッとできることが多いです。
 

ただし、わずか1日だけの断食でも、水しか飲まないというのはNGなので、青汁や酵素ドリンク、グリーンジュースなどドリンク状のものを活用して、ミネラルやビタミン、食物繊維はしっかり摂取するようにしてくださいね。
 

2.体型改善効果を望む人は?

 

「今すぐに痩せてお腹の脂肪を取りたい」など、体型改善効果を期待する場合には、断食の日数は3日間ぐらいがおすすめですね。3日間となると、空腹に耐えなければいけないことも多くなるので、場合によっては挫折してしまう人も少なくありません。
 

また、間違った方法で実践すると、ダイエットをやめた後にすぐに元通りの体重へリバウンドしてしまったり、場合によっては元の体重よりも増えてしまうなんてことにもなるので注意してくださいね。
 

人間の体は、食事によって摂取するエネルギー量と、基礎代謝や運動などによって燃焼するエネルギー量のバランスによって維持されています。
 

断食ダイエットでは、食事を制限することによって摂取エネルギー量を大幅に削減し、燃焼エネルギー量の方が大きくなることで体脂肪を燃焼してくれるというメカニズムでダイエットができます。
 

しかし、人間の生命活動に必要なミネラルやビタミン、食物繊維も取らないと、体が飢餓状態になってしまい、基礎代謝量が劇的に低下してしまう事になり、リバウンドの原因となってしまいます。
 

せっかく減量できても、すぐにリバウンドしたのではダイエットをした意味がありませんから、断食する場合にはリバウンドしないように賢い方法で実践してくださいね。
 

3.3日以上断食をしても大丈夫?

 

断食道場などでは、3日間以上の長い日数でダイエットを行うことがあります。
 

これは、専門家の指導の下に正しい方法で行っているので問題ありませんが、独断で3日間以上のダイエットを行う場合には、記憶力が低下したり体力がなくなったり、また、集中力がなくなって頭がぼーっとするなどのトラブルを起こしやすくなるので注意しなければいけません。
 

特に、仕事をしている人にとっては、こうした症状が出ると日常生活や職務にも支障が出てしまいますから、くれぐれも気を付けてください。
 

3日間の断食でより大きな効果を得るためには、期間中にヨガやピラティスなど、体幹を鍛えるストレッチ系のエクササイズを行うのもおすすめです。
 

骨に近い部分の筋肉を鍛えることによって、内臓脂肪をすっきりと落とすことができますし、基礎代謝をアップする効果が期待できるので、ダイエットをやめた後にも痩せやすくて太りにくい体質づくりができます。
 

あまりハードなエクササイズは、断食期間中だと集中力が欠けているので怪我や事故の元になるので、控えたほうが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です