断食にはデトックス効果もある?方法を教えて!

Pocket

ダイエットに、美容に、また健康にと注目されている断食。原則として個人的に行う断食は、長くても2日間です。断食というと食べられない、飲めないイメージも強いと思いますが、実はそうではないんですよ。
 

1.断食は何も飲めない?

 

お水は一日に1リットル以上こまめに飲むというのが基本なので、水分はしっかり摂れるんです。しかも、今の断食は飲まず食わずではなく、ヨーグルト断食や酵素ドリンク断食などもあります。
 

また、朝昼晩は野菜ジュースや100%リンゴジュースを飲んで過ごすことができる断食の方法もあるので、イメージしている断食とはちょっと違うんです。
 

食べられないというストレスがない方法を取り入れれば、たった2日なので我慢できないということはないはず。
 

しかも、プチ断食は、実際に固形物が食べられない日はたった1日だけです。
 

たとえば、週末の土日にかけて断食を行う場合、土曜日だけ固形物が食べられないだけで、日曜日からは少しずつ口にすることができるんです。手軽でストレスがなく、しかも週末のみでいいんですから、これ以上嬉しいことはないですよね。
 

また、水分をしっかりと摂ることでデトックス効果も高まるんですよ。体の中に溜まってしまった老廃物や血液中のコレステロールの排出を促してくれるので、断食中は特に水分をたくさん摂ることが大切なんです。
 

2.断食中の水分のとり方とは?

 

ただ、一気に飲めばいいというわけではなく、こまめにコップ1杯くらいずつ飲むのがポイントです。1日1リットル以上が目安なので、うまく分けて飲むようにしてくださいね。
 

また、遅くとも21時くらいまでに水は飲み終わるようにすることも忘れないようにしてくださいね。余り遅い時間に飲んでしまうと、夜中にトイレに行きたくなってしまうこともあるでしょうし、
 

むくみの原因になってしまうこともあるので。また、断食を成功させるためには、水分補給もとても大切ですが、準備期間となる金曜日の食事の内容にも注目したいところです。
 

3.断食前日はどのように過ごす?

 

前日の金曜日は、腹八分目を心がけて和食を中心にし、消化がいいもの、胃の負担いならないものを食べるようにします。できれば、金曜日の夕食はお粥だけにできると尚良しです。
 

内臓の中が準備できていれば、翌日行う断食の効果もかなり高まると言われているんですよ。デトックス効果が高くなるので、終わった後はかなり体が軽くなっているはず。
 

体重は変わっていなかったとしても、それくらい断食は体を変えてくれる方法なんです。
 

そして、土日にかけて行った断食の効果を最大限に引き出すために、回復期となる月曜日や火曜日も消化が良くて胃の負担にならないものを食べるようにしてくださいね。柔らかく茹でたうどんやお粥、温野菜などがおススメです。
 

せっかく行った断食も、回復期や準備期にどれくらい気をつけられるかで効果の出方も変わってきます。デトックスにとても大きな効果がある断食なので、正しい方法で行うようにしましょう!
 

月に1度、数ヶ月に1度のペースでOKなので、無理せず楽しみながらやってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です