断食をすると美肌になる?


ニキビや吹き出物など、肌荒れにはさまざまな原因があります。その原因のひとつが、腸内環境の悪化です。腸内環境の悪化が原因の肌荒れは、いくら化粧水や美容液などで肌表面をケアしても改善されません。
 

大切なのは、体の内面からケアすることです。そこで効果的なのが、断食です。今回は、断食で肌荒れが改善されるメカニズムと効果的な断食方法をご紹介します。
 

1.腸内環境が悪化すると肌荒れする理由とは?

 

そもそもなぜ腸内環境が悪化すると肌が荒れてしまうのでしょうか。私たちの体では、新陳代謝によって常に新しい細胞が生まれ、古い細胞が老廃物として体外に排出されます。この老廃物の排出を行うのが大腸と胃腸です。
 

胃腸の働きが活発でないと、老廃物が排出されずに大腸に残ってしまい、これが血液にのって体中に流れてしまいます。体中に流れ出た老廃物が肌に流れ着いた時、毛穴から排出されます。
 

これがニキビや吹き出物の原因です。また、胃腸が弱ると食べ物の消化・吸収が十分に行われなくなります。すると肌に十分に栄養が行き渡らなくなるため、肌荒れやくすみなどの原因となります。
 

2.腸内環境悪化の理由とは?

 

腸内環境の悪化にはいくつかの原因があります。まずは、食べ過ぎ・飲みすぎです。特に飲み会などで夜遅くまでお酒を飲んだ後に、さらにラーメンなど脂っこいものを食べてしまうと、眠っている間でも胃腸は休みなく働き続けなければなりません。
 

また、ストレスも腸内環境の悪化の大きな原因となります。胃腸は体の中でも特にストレスの影響を大きく受けてしまいます。
 

このような腸内環境の悪化を改善するには、胃腸を休ませることが大切です。そこで効果的なのが、断食なのです。食事を摂らないことによって、それまで消化・吸収でいっぱいいっぱいだった腸の働きを、老廃物の排出に使うことができるようになります。
 

老廃物が適切に排出されれば、ニキビや吹き出物といった肌トラブルも改善されます。そして、血液から老廃物が排除されることで、老廃物のせいでドロドロだった血液がサラサラになり血行が良くなります。
 

すると、体内に十分に栄養が行き渡るようになり、肌が活性化されます。
 

3.美肌のための断食の方法とは?

 

胃腸が重いなと感じた時、いくらケアをしても肌荒れが改善されない時は断食をしてみるといいでしょう。ただし、長期間の断食や水以外一切なにも摂らないといったハードな断食をする必要はありません。
 

美肌のための断食は胃腸を休ませることが目的なので、しっかりと栄養を摂りつつ、少しずつ食事の量を減らしていくイメージです。例えば、朝食、昼食は普段通りの食事で夕食だけをカットすることで、就寝時に胃腸を休めることができます。
 

また、週末など休暇中のみの断食であれば、空腹による負担もそれほど大きくありません。3食を、1日のうち8時間以内に全て済ませるようにすれば、胃腸が絶え間なく働いているという状況を避けることができます。
 

また、断食中は水以外一切摂らない、というのではなく、栄養の豊富な酵素ドリンクや野菜ジュースに置き換えることで、断食中の栄養不足も回避できます。
 

美容のための断食は体重を減らすことが目的ではないので、健康状態に気を使いつつ、ストレスを感じない方法で実践することが大切です。