断食がアトピーに効果あり?理由を教えて!

Pocket

断食することでアトピー症状の改善に効果があるという話を聞いたことがありませんか?アトピーとは痒みの強い慢性的な皮膚炎です。薬によって炎症や痒みを抑える以外、治療法がありません。
 

1.アトピーとはどんな症状?

現代の医療では、原因も治療法も未だに特定されていない皮膚疾患です。肌がカサカサしたり、掻きむしってしまって肌が赤く炎症を起こしたり、性別や年齢を問わずアトピーに悩んでいる人はとても多いのです。
 

2.断食がアトピーに効果あるの?

 

①腸を休ませることで免疫力アップ
 

アトピーは、免疫力が先天的に弱いことで発症しやすいと言われています。免疫の約8割が腸内環境の良し悪しで決まります。
 

暴飲暴食や不摂生を続けていると、腸内環境が悪化し、免疫力が弱くなってしまうのです。断食により、腸を休ませる時間を持つと、腸内環境が整い免疫力を強くすることが出来ます。
 

②身体の老廃物、不純物を排出する効果
 

とても怖いことですが私たちは日々の食事から、添加物や残留農薬、化学物質を身体に取り込んでしまっています。アトピーや他の疾患でステロイドや軟膏を使用している人は、これらからも化学物質を取り込んでいるのです。
 

これらは、腸の中の宿便として体内に蓄積されていますが、断食を行うことで宿便が排出され、身体の中が綺麗になります。宿便が排出されることで、腸内環境も整い免疫力が強くなるのです。
 

③体質改善効果
 

断食を行うことで免疫力がアップすると、自然治癒力も高まります。食事を断つことで、体内にあるエネルギーを使って自分自身で傷などの修復を行えるようになるのです。この力が高まることで、アレルギー反応が出にくくなると言われています。
 

このようにアトピーに断食が良いとされる理由は、3つの効果からも容易に想像して頂けるでしょう。腸内洗浄で腸を綺麗にすることが可能でも、免疫力を高めたり、体質を改善したりするのは難しいものです。
 

3.アトピー改善のための断食をしよう!

 

アトピーを改善するための断食は1日から3日行います。断食前には、身体を断食に導くための準備期間を設けて下さい。準備期間は断食と同じ日数設定します。準備期間は、いつもよりも早めに、消化の良いものを少なめに食べましょう。
 

脂っこい食事は控えた方が良いので、和食がおすすめです。断食中は固形物を摂らず、飲み物だけで過ごします。断食期間を終えたら、回復食の期間を過ごしましょう。
 

回復食は、重湯やおかゆなど消化に良いものを選び、徐々に固形物を身体に取り込んでいきます。
 

断食中の飲み物は、乳酸菌が豊富なヨーグルトがおすすめです。断食により腸内環境を整えるのと共に、ヨーグルトの乳酸菌の力を借りれば、より腸内を綺麗な状態にすることが出来ます。
 

アトピーを改善するための断食ですので『腸にとって良い断食』を意識するようにしましょう。1日から3日の断食を終えたら、肌の赤みが減ったり、痒みが軽減されたりと、アトピーの症状が緩和されているのを実感出来ますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です