長期断食は自宅でできる?方法を教えて!

Pocket

長期の断食は、一般的に3日以上のものを言いますが、このような長期断食は自宅で行うのは難しいと考えてください。長期の断食は、体に多くの良い効果をもたらしますが、正しく行ってこそです。
 

ただ単に何も食べないで過ごすのではありません。それだとかえって体を壊してしまいます。じゃあ、長期断食がしたい時はどうしたら良いの?ということですが、やはり専門家の指導を受けながら進めていくべきでしょう。
 

1.長期断食はどこですればよいの?

 

断食を行っている施設はいくつかあって、旅行をするつもりで遠方から訪れる人や、毎年断食をすることにしている人などが利用しています。
 

道場と言っても、お寺にこもるようなものではなく、場所によってはホテルに滞在しているような気分になるところがあります。
 

温泉がある施設や、ヨガやフィットネスを指導したり、エステやマッサージを行うところがあって、長期の断食でも楽しく過ごせるようにプログラムが組んであります。
 

2.断食道場では何をするの?

 

ある断食道場の例ですが、初日の午後に入所し、翌日から朝8時に体操、リフレッシュケアを行い10時に朝食をとります。道場で考えられたメニューですから安心して食べられます。
 

その後は観光したり散策したりとそれぞれ好きなことができます。日替わりでフィットネスやウォーキングメニューが考えられており、暇を持て余すことはありません。そして17時に夕食をとって後は自由時間です。
 

宿泊する部屋には食べ物などは一切置いていませんし、ついつまみ食い…なんてことはできません。ただ、水分はたくさんとった方が良いので、水やお茶が部屋に置いてあるところもあります。
 

この生活を何日間か続けますが、スタッフが常駐していますのでもし体調を崩したりした場合でも安心です。
 

道場によって3泊4日コースや6泊7日コースなど、コース設定しているところや、希望する期間を伝えれば対応してくれるところがありますので、自分に合うところを見つけて行くようにすると良いですね。
 

長期の断食を行うにあたり、事前に医師の診察を受けなければならないところもあります。それだけ長期の断食は慎重に行わなければならないものなのです。
 

何も食べなかったら良いんでしょ?と自宅で食事を抜いているだけではつらいですし、また体調を崩すことになります。正しい進め方がありますので、それを指導してくれるところで行うことをおすすめします。
 

3.まずはプチ断食からはじめよう!

 

1日や2日の短期間の断食や、朝食だけ断食するようなプチ断食については、自宅でもできますので、まずは断食とはどんなものかを知るためにプチ断食から始めてみてはいかがでしょう。
 

プチ断食も、自宅でできるとはいえ正しく行わないと効果が出ないばかりか、体調を崩す原因にもなりますので十分注意してくださいね。プチ断食の方法は、インターネットでもたくさん紹介されています。
 

自分がやりやすいものを行いましょう。長期断食道場の、食事メニューを見ているととても断食中とは思えないものが多いですよ。おいしそうで、本当に健康になりそうです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です