アトピー改善にはヨーグルトを使って断食をしよう!

Pocket

健康のため、美容のため、ダイエットのため、さまざまな目的を持って断食に取り組む人が増えています。自宅で簡単に出来る1?3日かけて行う断食は、週末などの休みを利用して出来る手軽さから人気を集めています。
 

この断食によって、アトピーの症状が改善される効果もあります。断食によって内臓を休ませて、身体の中を綺麗にすると免疫力が高まるため、アレルギー反応が起こりにくくなるからです。
 

健康や美容、ダイエットの強い味方になることで有名なヨーグルトは、アトピーを改善するための断食にも効果を発揮してくれます。アトピーを改善させることを目的として断食をする場合は、ヨーグルトを摂取しながら断食を行いましょう。
 

1.なぜアトピーを改善には断食にヨーグルトがよいの?

 

ヨーグルトを食べることで、良質なタンパク質や脂質、ビタミン、カルシウム、乳酸菌を体内に取り込むことが出来ます。普段食事が乱れている人は、これらの栄養素が不足しがちです。
 

また、腸の刺激は脳に伝わりやすく、ヨーグルトによって腸内環境が良くなると、脳から良い指令が出やすく免疫力がアップしたり、自律神経が整ったりするのです。
 

固形物を食べない断食で腸を休め、腸内環境を整えることは可能なのですが、乳酸菌を摂取することで腸内環境がより良い状態へと導かれ相乗効果が期待出来るのです。
 

野菜ジュースやスープ、酵素ドリンクを使って断食を行う人も多いですが、アトピーの改善や肌を綺麗にするために行う断食では、飲み物をヨーグルトにするのがおすすめです。
 

2.ヨーグルト断食のやり方を教えて!

 

通常の断食と同じく、準備期間と回復食期間はしっかり設けて下さい。断食中の3食をヨーグルトと野菜ジュース(豆乳、ゼリー飲料でもOK)で過ごします。ミネラルウォーターなどで水分はしっかり補いましょう。ヨーグルトを食べる以外は他の断食と変わりありません。
 

断食中に食べるヨーグルトにはこだわって選ぶようにしましょう。スーパーやコンビニにはたくさんの種類のヨーグルトが売られています。その中でも、乳酸菌が腸までしっかり届くタイプのヨーグルトを選びます。
 

胃の中で吸収されてしまうと、乳酸菌が腸まで届くことが出来ず効果が感じられにくくなってしまいます。プロバイオティクスやLB81乳酸菌が配合されたものは、腸までしっかり届き、皮膚機能の改善に効果があります。
 

アトピー症状を改善するためには腸内環境を整えることはもちろん、皮膚機能自体を高めて行かなければなりません。
 

3.どのぐらいすればよいの?

 

断食を行う頻度は月に1回週末など休みの2日間を利用するのがおすすめです。可能な場合は、毎週行っても良いですが難しい場合は月1回を目標にしましょう。
 

無理して月に何度も断食を行ったり、長い期間設定して行ったりすると、逆効果な場合もありますので、自分の体調としっかり相談して無理なく行いましょう。断食中に体調が悪くなった場合はすぐに回復食を摂るようにして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です